TopPage>標準アプリ>メモアプリ>メモのピンとめ機能と操作方法

メモのピンとめ機能と操作方法

メモアプリには、ピン留め機能があるのをご存知ですか。


メモアプリもテキスト検索やSiri検索も使えるので、探しているメモを検索することは可能ですが、常に確認するメモやチェックリスト、特に確認する頻度の高いメモには、ピン留めしておくと便利ですよ。

メモをピン留めしておけば、検索する手間も省けてますからね。

ここでは、メモアプリのチェックリストの作成方法と機能、その操作方法についてご紹介しています。


メモアプリのピン留め機能について
メモをピン留めする操作方法
ピン留めメモを解除する操作方法


メモアプリのピン留め機能について

標準メモアプリのピン留めは次のような機能です。

ピン留めメモは、メモ一覧で「ピンで固定」欄に表示されます
ピン留めメモは、保存されているフォルダ単位で表示されます
「ピンで固定」欄は、メモが保存されているフォルダのメモ一覧に表示されます
保存されているフォルダの異なるピン留めされているメモが一覧表示する画面はありません
ピン留めメモの表示順(ソート)は、メモアプリの表示順となります

メモアプリ_ピンで固定_メモ一覧画面iphone13


メモをピン留めする操作方法

メモをピン留めするには、次のどちらかの操作方法で行います。


メモ画面でピン留めする場合

1.アクションメニューが表示する

メモ画面の上部ナビゲーションバーの右端に表示されているアクションメニューアイコンをタップして、アクションメニュー画面を表示させます。

メモアプリ_メモ画面_アクションメニューアイコン_iphone13

2.「ピンで固定」アイコンをタップする

画面下半分にメモを表示している時のアクションメニュー画面が表示されますので、「ピンで固定」アイコンをタップすると、今表示しているメモがピン留めされます。

メモアプリ_メモ画面_アクションメニュー画面_ピンで固定ン_iphone13


メモ一覧画面でメモをピン留めする場合

メモ一覧画面の場合には、メモ表示画面より簡単に素早くメモをピン留めすることが出来ます。

ピン留めするメモを右やフリックします。

メモアプリ_ピン留め_メモ一覧画面フリック_iphone13

メモの左側にピンで固定アイコンが表示されますので、そこをタップするとメモがピン留めされます。

メモアプリ_メモ一覧画面ピンで固定_iphone13

メモをフリックでなく、スワイプする時にワンアクションでピン留めされます

先程は、メモをフリックしましたが、メモを右に投げるようにスワイプすると「ピンで固定」アイコンをタップすることなくメモをピン留めすることができます。

メモアプリ_メモ一覧画面スワイプしてピン固定_iphone13


ピン留めメモを解除する操作方法

ピン留めを解除するには、次のどちらかの操作方法で行います。


メモ画面でピン留めを解除する場合

1.アクションメニューが表示する

メモ画面の上部ナビゲーションバーの右端に表示されているアクションメニューアイコンをタップして、アクションメニュー画面を表示させます。

メモアプリ_メモ画面_アクションメニューアイコン_iphone13

2.「ピン固定を解除」アイコンをタップする

画面下半分にメモを表示している時のアクションメニュー画面が表示されますので、「ピン固定を解除」の項目をタップすると、今表示しているメモがピン留めが解除されます。

メモアプリ_メモ画面_アクションメニュー画面_ピン固定解除_iphone13


メモ一覧画面でメモをピン留めを解除する場合

メモ一覧画面の場合には、メモ表示画面より簡単に素早くメモをピン留めを解除することが出来ます。

ピン留めするメモを右やフリックします。

メモアプリ_ピン固定解除_メモ一覧画面フリック_iphone13

メモの左側に「ピンで固定解除アイコン」が表示されますので、そこをタップするとメモがピン留めが解除されます。

メモアプリ_ピン固定を解除_メモ一覧画面_iphone13

メモをフリックでなく、スワイプするとワンアクションでピン留めが解除されます

先程は、メモをフリックしましたが、メモを右に投げるようにスワイプすると「ピンで固定解除アイコン」をタップすることなくメモをピン留めが解除することができます。

メモアプリ_ピン固定を解除_メモ一覧画面スワイプして解除_iphone13





copyright©2011~2022 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。