TopPage>標準アプリ>SMSMMSメッセージ(メール)>iMessageが配信済みにならない時にすぐにメッセージをSMSで送信する方法

iMessageが配信済みにならない時にすぐにメッセージをSMSで送信する方法

メッセージアプリでいつもiMessageで送信している相手にメッセージを送信しても配信済みにならない時には、SMSでメッセージを送信することが出来ます。

ここでは、配信済みにならなかったiMessageのメッセージをSMSで簡単に送信する方法をご紹介しています。





iMessageの機能について

iMessageの機能は、次のような機能になります。

Apple社が提供しているメッセージサービス
Appleの販売している通信機器同士(iPhone、iPad、Macパソコン等)が無料(Web接続費用は除く)で送受信できるメッセージサービスです。
Wi-Fi接続、またはモバイルデータ通信オン設定で送受信される
メッセージが通信される回線は、インターネット回線のため、送信機種、受信機種ともにWe-Fi接続しているか、挿入しているSIMの携帯電話回線に接続してモバイルデータ通信が有効になっている必要があります。
iMessageを送受信するにはメッセージアプリ設定でiMessage設定有効が必要
標準アプリのメッセージアプリは、設定状況とその時の通信状況や相手先によって、SMSとiMessage、MMSを自動的に選別して送信します。
iMessageは、標準アプリのメッセージアプリが送信者の設定状況とその時の通信状況や前回までの送信先との送受信状況を判断して送信を行います。そのため、iMessageでメッセージを送ろうと思っても、送信しようとするiPhoneのメッセージアプリ設定でiMesssageが無効になっているとiMessageではなく、SMSまたはMMSにてメッセージが送信されます。


テキスト入力エリアには送信サービスが表示されています

先程もご説明しましたが、メッセージアプリは、前回送信した情報を基に相手にどのメッセージサービスで送信できるかを判断しています。

メッセージアプリが送信先へのメッセージサービスとして判断しているのは、メッセージ入力ボックスに、iMessageまたはSMS/MMSと薄くグレー表示されています。

メッセージアプリ_テキスト入力ボックス_送信種表示_iphone13

iMessageが配信済みにならない理由

メッセージアプリでメッセージを送信して、メッセージがiMassegeの青色表示になっても、その下に配信済みが表示されないのは、前回はiMessageで送信できた相手にメッセージを送信しようとして、相手に届いていないケースとなります。

具体的には、次のケースとなります。

送信元のメッセージアプリ設定でiMessageが有効設定されている
送信先に前回iMessageで送信が出来ている
送信先のiOS機器のメッセージアプリ設定がiMessage設定がオフになっている
送信先のiOS機器がWi-Fi未接続でかつモバイルデータ通信設定がオフになっている
送信先がMNP機種編で携帯電話番号がそのままでandroid機器に機種変更になっている
メッセージアプリ_iMessage配信済みにならない_iphone13

iMessageで配信済みにならないがSMSで送信されるケース

先程の条件でも次のケースの場合には、iMessageではなく、SMS/MMSとして送信されます。

送信元のiPhoneのメッセージアプリ設定で「SMSで送信」設定がオンになっている場合
送信先機器がiMessageオフになっていても、入力されたメッセージは、iMessageではなく、SMSとして送信され、メッセージの色が青から緑に変わり「SMS/MMSで送信済み」と表示されます。
送信先の機器が、iOS機器以外に機種変更となっていても、入力されたメッセージは、iMessageではなく、SMSとして送信され、メッセージの色が青から緑に変わり「SMS/MMSで送信済み」と表示されます。


iMessageで未配信のメッセージについて

iMessageで配信済みが表示されない未配信のメッセージは、相手側のiOS機器がAppleのメッセージサーバーに接続するとiMessageのメッセージとして受信します。

送信者のメッセージアプリ画面の送信時間は、送信ボタンを押した時間となり、受信者側のメッセージアプリの受信時間も、送信した時間となります。

実際にはその時間には受信側のメッセージアプリには受信していないのに、送信者の送信時間が受信者側のメッセージアプリ画面に時間が表示されてるので、あまり時間が経過していると、あれ、こんなメッセージって来ていたっけという感じになる場合もありますね。

iMessageで配信済みにならない場合には、送信を取り消すか、次でご紹介している操作方法で、SMS送信にて再送するのがいいと思います。



配信済みにならないiMessageをSMSで送信する操作方法

配信済みにならないiMessageは、次の操作を行うことで、入力したメッセージをSMS/MMSとして送信することが可能です。


1.未配信のiMeeageのメッセージをロングタップする

メッセージアプリ画面で配信済みの表示されないiMessageをロングタップします。

メッセージアプリ_未配信iMessageをロングタップ_iphone13

2.アクションメニューからSMS/MMSで送信をタップする

操作可能なアクションメニューが表示されますので、「SMS/MMSで送信」をタップすると、iMessageからSMS/MMSに切り替えてすぐに送信されます。

メッセージアプリ_未配信iMessageをSMS再送信_iphone13



page-navigation

copyright©2011~2022 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。