TopPage>標準アプリ>メモアプリ>iPadや他のiPhoneとメモを同期する方法

iPadや他のiPhoneとメモを同期する方法

iPhoneと一緒にiPadも利用している人もいらっしゃると思います。また、iPhoneを2台持ちして使用しているといった人もいるかと思います。

外出先などで、気になったことをiphoneのメモアプリでメモしたりした後、家や事務所などに戻ってから、メモに残した内容をiPadで作業をしたいといったこともあると思います。

ここでは、メモアプリのメモをiPadのメモアプリと同期する方法をご紹介しています。



メモをiPadと同期するための条件

iPhoneのメモアプリのメモとiPadのメモアプリのメモを同期するのは、とても簡単行うことが出来るのですが、少しだけ、iphoneのメモをiPadに同期するの条件を理解しておく必要があります。

iPhoneとiPadのメモアプリのメモを同期する条件は、以下となります。

iCloudにサインインしていること
iphoneとiPadの両方が、同じApple IDでiCloudにサインインしている必要があります。
メモアプリでiCloudアカウントをオンに設定していること
iPhoneとiPadが同じApple IDでiCloudにサインインしていても、メモアプリ設定でiCloudアカウント設定がオンにする必要があります。
iCloudフォルダにメモを保存する
同期されるメモはiCloudフォルダのメモのみとなります。

上記の3つの条件を満たしていない場合には、他の方法(メモアプリの共有機能)を利用してiPadやiPhoneとメモを同期することが出来ます。



iCloudフォルダを利用してメモをiPadと同期する設定方法

iCloudフォルダを利用してメモをiPadと同期するには、iPhoneとiPadの設定をそれぞれ次のように行います。


1.iPhoneとiPadを同じApple IDでiCloudにサインインしているか確認する

メモをiPadと同期するための条件のところでもご説明しましたが、同期するそれぞれで同じApple IDでiCloudにサインインする必要があります。

設定アプリのApple ID画面で、iphoneとiPadが同じApple IDでiCloudにサインインしていることを確認します。

iCloudにサインインしているAppleIDは、iPhoneとiPadともに次の操作手順で確認することが出来ます。


1-1.設定アプリ画面を開く

ホーム画面の設定アプリアイコンをタップして、設定アプリ画面を開きます。

iPhone設定アプリアイコン

1-2.Apple ID設定画面を開く

設定アプリ画面の一番上に表示されているApple IDをタップしてApple ID設定画面を開きます。

設定アプリ画面_AppleID

設定アプリ画面の一番上のApple IDの欄が次のような表示の場合には、そのiPhone、iPadは、iCloudにサインインしていません。

設定アプリ_iCloudサインアウト中_iphone13


1-3.iCloudにサインインしているApple IDを確認する

Apple ID設定画面のiPhone(iPad)の名前の下に表示されているのがiCloudにサインインしているApple IDとなります。

Apple ID設定画面の下に表示されているのは、同じAppleIDで過去にiCloudにサインインしたiOS機器となります。ここに表示されていても、現時点で、同じApple IDでicloudにサインインしているわけではありません。

設定アプリ画面_iCloudサインインAppleID_iphone13

同期したいiPadについても、設定アプリのApple ID設定画面を表示させ、iPhoneと同様に、Apple ID設定画面でiCloudにサインインしているAppleIDを確認します。

ipad_設定アプリ_AppleID設定画面_iCloudAppleID

iCloudをサインアウトして、同期するAppleIDでサインインすることはお勧めしません

別のApple IDでiCloudにサインインしている場合には、サインアウトして、iPhoneと同じApple IDでサインインすることで、メモの同期は出来ますが、下記の点で使い勝手が悪くなりますので、お勧め出来ません。

現在のiCloudをサインアウトすると、iCloud機能を利用しているアプリのデータがiPadから削除されます
データは、iCloud上に保存されているので、再度、そのiCloudでサインインするとiPadにデータは戻ります。
元にApple IDでiCloudにサインインすると、同期したメモも削除されます
メモを同期した後に、元のApple IDでiCloudにサインインし直すと、同期したメモは削除されます。(別のApple IDでiCloudにサインインした時点で、同期したiCloudフォルダ内のメモはサインインしたApple IDのメモに置き換わってしまいます)
元にAppleIDでiCloudにサインインする前に、同期したメモをiPhoneアカウントフォルダ等のiCloudフォルダ以外にフォルダ変更する必要があります。

iPhoneとiPadが別々のApple IDでiCloudにサインインしている場合には、メモアプリの共有機能を利用して、メモを同期することをお勧めします。


2.iPhoneとiPadでメモアプリのiCloudアカウント設定をオンにする

iCluoudのサインインが確認出来たら、次の操作手順でiPhoneとiPadのiCloudアカウント設定でメモアプリが有効になっているかを確認します。

どちらかがiCloudアカウント設定がオフになっているとメモは同期されません。


2-1.Apple ID設定画面のiCloud設定画面を開く

iCloudにサインインしているAppleIDを確認したAppleID設定画面の真ん中あたりにあるiCloudをタップしてiCloud設定画面を開きます。

設定アプリAppleID設定画面_iCloud_iphone12

2-2.iCloud設定画面でメモアプリが有効になっているか確認する

iCloud設定画面で、メモアプリが有効(グリーン)に設定されいるか確認する。有効設定されたいなければ、スイッチをタップしてグリーン(有効)に設定します。

設定を有効にすることで、メモアプリの保存フォルダにiCloudフォルダが追加されます。

AppleID設定_iCloud機能設定_メモアプリ有効

3.同期したいメモをiCloudフォルダ内に保存する

先程までの設定で、iPhoneのメモアプリのiCloudフォルダ内のメモとiPadのメモアプリのiCloudフォルダ内のメモが同期されます。

同期は、双方向で行われますので、iPadのメモアプリのiCloudフォルダのメモを追加、修正すると、iPhone側のiCloudフォルダのメモも追加、修正されます。

同期したいメモがicloudフォルダ以外に保存されている場合には、メモの保存先をiCloudフォルダに変更をします。





copyright©2011~2022 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。