TopPage>chromeアプリ>Chromeアプリをデフォルトブラウザに設定する方法

Chromeアプリをデフォルトブラウザに設定する方法

iPhoneのデフォルトブラウザをchromeアプリに設定する方法をご紹介しています。

iOS14にアップデートすると、標準webブラウザアプリのSafariアプリではなく、GoogleのChromeアプリにiPhoneのデフォルトWebブラウザアプリに変更することが出来ます。

iPhoneのデフォルトWebブラウザアプリをChromeアプリに設定変更すると、メール文内にあるURLリンクや、マップアプリなどの他のアプリのURLリンクを指でタップするとChromeアプリでそのURLページが表示されるようになります。

Safariアプリの操作に慣れている場合には、あえてChromeアプリにiPhoneのデフォルトWebブラウザアプリに設定変更する必要はありませんが、Chromeアプリの操作に慣れていてパソコンとの同期もしている場合には、とても便利になります。




1.ChromeアプリをiPhoneのデフォルトブラウザに設定した方がいい人

次の様な人の場合には、ChromeアプリをiPhoneのデフォルトブラウザに設定した方が便利になりますね。

  • パソコンなど別ディバイスのChromeブックマークと同期したい人
  • 開いているタブ画面を切り替えるWebブラウジングする人

  • パソコンなど別ディバイスのChromeブックマークと同期したい人

    iPhoneだけでなく、パソコンやiPad以外のタブレットなどでインターネト検索でChromeアプリを使用している人は、iPhoneのデフォルトブラウザをChromeに変更するととても便利になると思います。

    iPhoneのデフォルトブラウザをChromeアプリに変更しなくても、ChromeにログインすることでパソコンやiPhone以外のディバイスのChromeと同期して使用することは出来ました。しかし、メール文からのURLリンクや地図アプリなどからのURLリンクからWebページを開くと、いままではSafariアプリでWebページが開かれしまうので、パソコンやiPhone以外のディバイスのChromeと完全同期しようとするには、手動でChromeアプリ画面で再度、Safariアプリで開いたWebページを開くなどする必要がありました。

    これが、Chromeアプリをデフォルトブラウザアプリに設定変更することで、不要になり、Chromeにログインすることでブックマークや履歴などの完全同期が簡単に出来るようになります。


    開いているタブ画面を切り替えるWebブラウジングする人

    標準アプリのSafariアプリは、複数開いているタブ画面を選択する画面が立体的なドラムロール表示でWebページの中身も一部表示されるなど便利な点もありますが、タブ画面のページタイトルが一瞬で目に飛び込んでこないというデメリットを感じる人もいると思います。

    開いているタブ画面のページタイトルが目立って選択したいページが直ぐに探したいと思う人は、Chromeアプリをデフォルトブラウザとして使用してみるいいかと思います。

    Chromeのタブ画面表示は、Webページのページタイトルだけが平面的に6個から8個表示されるので、こちらの方が分かりやすいとiPhoneビギナーズは思ったりもしますね。操作性は人によって感じ方が異なりますので、Safariアプリのドラムロール表示の方がWebページの中身も一部表示されるから開きたいタブ画面が分かりやすいという人もいると思います。



    2.Chromeアプリをデフォルトブラウザに設定する方法

    ChromeアプリをiPhoneのデフォルトブラウザに設定する方法は、次の操作手順で行います。

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。