TopPage>標準アプリ>メモアプリ>標準アプリのメモアプリで簡単にPDFファイルを作成する方法

標準アプリのメモアプリで簡単にPDFファイルを作成する方法

iPhoneのメモアプリを使って簡単にPDFファイルを作成する方法をご紹介しています。

メモアプリの場合、用紙サイズや段落間隔などを調整することが出来ないので、ビジネス用としては少し難がありますが、メモアプリは標準アプリなので、App Storeから有料・無料のアプリをインストールする必要がないので、外出先なので、ちょっとしたPDFファイルを作成する時にとても便利ですので、覚えておくといいと思います。


iPhoneの標準アプリで簡単にPDFファイルを作成する操作手順

標準アプリで簡単にPDFファイルを作成するには、次の操作手順で行います。



1.メモアプリ画面を開く

メモアプリアイコンをタップしてメモアプリ画面を開きます。

メモアプリアイコン

2.PDFファイルにするメモを開く

PDFファイルを作成したいメモを一覧からタップして開きます。

または、メモ新規作成画面を開いて、PDFファイルとしたい内容をメモに書き込みます。

タップしたメモが開いたら、画面下中央に表示されてるアクションアイコン「Action (Share)アイコン」Action(Share)アイコン)をタップしてアクションメニュー画面を表示させます。

メモアプリ_メモPDFファイル作成_アクションアイコン_iphone12


3.プリント画面を開く

表示されたアクションメニュー画面に表示されているプリントアイコンをタップしてプリント画面を開きます。

メモアプリ_メモPDFファイル作成_アクションメニュー_プリントアイコン_iphone12

4.プレビューをピンチアウトする

プリント画面の下半分に表示されているメモのプリントプレビュー部分を二本の指でピンチアウトします。

メモアプリ_PDFファイル作成_プリント画面ピンチアウト_iairu iphone12

5.PDF化したファイルを保存する

メモのプリントプレビューをピンチアウトするとメモが一時的にPDF化した状態が画面全体に表示されます。

尚、この状態は、あくまでもメモが一時的にPDF化している状態(パソコンで印刷機能でPDFファイルを作成する途中でプレビュー表示されているような状態)なので、これをPDFファイルとして保存するため、画面上部右側に表示されているアクションアイコンAction(Share)アイコン)をタップします。

メモアプリ_PDFファイル作成_PDFメモ_アクションアイコン_iphone12

アクションメニュー画面が表示されますので、保存先をタップして指定してPDFファイルとして保存します。(画面ではiPhoneのファイルフォルダを選択しています。)

これで、メモで作成した文章などをPDFファイルとして作成保存されます。

メモアプリ_PDFファイル作成_ファイルへ保存_iphone12



copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。