TopPage>標準アプリ>メモアプリ>メモアプリのパスワードロック機能を使う上で注意する事

メモアプリのパスワードロック機能を使う上で注意する事

iOS標準アプリのメモアプリのパスワードロック機能を使う上で理解しておくこと・注意しておくことをご紹介しています。

メモアプリのパスワードロック機能は簡単で便利なので利用している人もいらっしゃると思います。

メモにパスワードロック設定してあるので、ちょっとした時に他の人にiPhoneを見せても大丈夫と思っている人は、特に注意した方がいいと思います。

メモアプリのパスワードロック機能は、使い方を間違うと表示状態になっているなんてこともありますからね。




パスワードロック機能が使えるのは、iCloudアカウントまたはiPhoneアカウントフォルダーに保存されているメモのみ

iPhoneにgmailやYahooメールなどのメールアカウントでメモアプリの設定を有効に設定している場合、メモアプリにそのアカウントフォルダーが出来ます。

そのメールアカウントフォルダー内にもメモを作成して保存することができますが、パスワードロックをかけてメモ内容を非表示にすることは出来ません。

メモアプリフォルダー画面_パスワードロック対象フォルダー_iphone12

メモアプリに保存されているメモでパスワードロックがかけられるのは、iCloudアカウントまたはiPhoneアカウントフォルダー内に保存されているメモのみとなります。


パスワードロック状態(非表示)にしても、メモ一覧にはメモ名称は表示される

メモにパスコードロックをかけるとメモの中身は非表示(解除しないと表示されない)となりますが、メモ名称は、パスワードロックをかけたメモもメモ一覧画面に表示されます。

パスワードロックするとパスワードロックをしたメモ名称がメモ一覧画面から非表示になるわけではありません。

メモアプリ_メモ一覧_ロック表示iphone12

パスワードロック解除(表示)した後はロック(非表示)にしないと表示した状態になる

パスワードロックを解除した後、ユーザーがメモアプリ画面上部のナビゲーションバーの鍵アイコンをタップして、パスワードロック状態にしないとパスワードロック解除状態のままになります。

メモアプリフォルダー画面_パスワードロック解除状態_iphone12

有料のパスワードアプリの様に、設定時間が経過すると自動的にパスコードロック状態にはなりませんので、パスワードロックを解除した後には、必ずナビゲーションバーの鍵アイコンをタップして、パスワードロックするように注意しましょう。

メモアプリ_メモロック設定メモ表示状態iphone12


パスワードロック状態は、アカウント単位で動作する

メモアプリのパスワードロック機能は、パスワードを設定しているアカウント単位で動作します。

どういう事かというと、例えば、iCloudアカウントにパスコードロック設定して、複数のメモにパスコードロックをかけている場合、一つのメモをパスワードロック解除してメモ内容を表示状態にすると、iClouduアカウントフォルダー内に保存されている他のパスワードロックしてあるメモもパスワードロックが解除された状態になります。

つまり、一つのメモのパスワードロックを解除すると、そのアカウントフォルダー内の他のパスワードロックしてあるメモが表示状態になるということです。

メモアプリフォルダー画面_フォルダー単位パスワードロック解除状態_iphone12

パスワードロックを解除したメモのナビゲーションバーの鍵アイコンをタップして再度ロックすると、他のパスワードロック設定メモもパスワードロックされメモ内容が非表示状態になります。

メモアプリのメモ一覧画面からも、画面下に表示されている「今すぐロック」をタップすることで、パスワードロック状態にすることができます。

メモアプリフォルダー画面_今すぐロック_iphone12

メモアプリのパスワードロック機能を使う時には、上記の4つの点に注意して使用しましょう。




copyright©2011~2022 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。