TopPage>ニュース>西日本豪雨被災地のユーザー対象への携帯電話会社各社の対応について

西日本豪雨被災地のユーザー対象への携帯電話会社各社の対応について

平成30年7月西日本豪雨被災地のユーザー対象に携帯電話会社各社が、データ通信の速度緩和や追加購入料金の無償化を発表しています。

携帯電話会社各社の対応は、次の通りとなります。

NTTドコモ
契約プランのデータ通信量を超過した場合でも、速度制限なくデータ通信が可能になるように、速度制限の解除を行っています。
対象は、平成30年7月西日本豪雨による災害救助法の適用された地域の契約者または請求書送付住所が災害救助法の適用された地域の契約者となります。
通信制限解除の対象期間は、平成30年7月13日から平成30年7月31日までと発表されています。
詳しくは、ドコモ「平成30年7月豪雨による災害にかかる災害救助法適用地域のお客さまに対する支援措置を追加-データ通信の速度制限解除を実施-」をご覧ください。
auとUQモバイル
契約しているデータ通信容量に10GB分の無償または割引適用を行っています。
対象は、平成30年7月西日本豪雨による災害救助法の適用された地域に契約者住所または請求書送付住所となっている契約者となります。
無償または割引適用は、平成30年7月5日以降となっており、終了期間は発表されていません。
詳しくは、au「平成30年7月豪雨で被災されたお客さまに対するデータ通信容量10GBの追加について」をご覧ください。
ソフトバンクとワイモバイル
データ通信の超過でデータを追加購入する料金の無償化を行っています。
対象は、平成30年7月西日本豪雨による災害救助法の適用された地域に契約者住所または請求書送付住所となっている契約者となります。
無償または割引適用は、平成30年7月13日から平成30年8月31日までと発表されています。
詳しくは、ソフトバンク「平成30年7月豪雨で被災されたお客さまを対象にした追加データ購入料金の無償化についてをご覧ください。

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。