TopPage>iPhoneの電話機能と基本操作>VoLTE(ボルテ)機能について

VoLTE(ボルテ)機能について

このページでは、高音質音声通話サービスのVoLTE機能についてご紹介しています。

VoLTE機能は、携帯電話会社のモバイル回線に仕様によって対応が少し異なるので、ご自分の携帯電話会社のVoLTE機能をちゃんと理解して使用しましょう。

特に、auのiPhoneを利用している人にとっては、VoLTE機能を利用することで、iPhoneの機種によっては、音声通話サービスとデータ通信サービスの同時利用が可能になります。



目次インデックスメニュー
1.VoLTEとは
2.VoLTE機能を利用するための設定方法
3.VoLTE機能を使う上での注意点とデメリットについて

VoLTEとは

VoLTE(ボルテ)とは、Voice Over LTEの略で、その名前の通り、LTE回線通信を利用した音声通話機能のことです。

LTE回線通信は、データ通信を高速に行うために開発された通信規格のため、元々は、音声通話を行うことができませんでした。

そのため、LTEでデータ通信を行っている場合に、同時に音声通話を行おうとする時には、VoLTE機能が無かった時には、音声通話とデータ通信の同時利用が可能な通信速度の遅い3G回線を利用していました。

そこで、LTE回線を利用した音声通話サービスのVoLTEが開発されました。

VoLTEのもう少し詳しい機能については、こちらのページをご覧ください。


VoLTEの設定方法

iPhone6以降から対応された音声通話機能のVoLTE(ボルテ)ですが、クリアな音質(高音質)や短い呼び出し時間などのメリットがありますので、iPhone6以降の人は、利用してみるようことをお勧めします。

VoLTEを利用するには、iPhoneの設定が必要になります。また、ソフトバンクとauの場合には、携帯電話会社のWebサイト(ソフトバンクはマイソフトバンク、auはauサポート)の画面にて、VoLTE利用の設定を行う必要があります。

VoLTE機能を利用するための設定方法については、こちらのページをご覧ください。



VoLTE機能を使う上での注意点(デメリット)

VoLTEは、こもりのないクリアな音質で通話できたり、電話の発信(相手の呼び出し)時間も短いなどのメリットがある便利な機能ですが、使う上で知っておくべき注意点とデメリットがいくつかあります。

VoLTEは、こもりのないクリアな音質で通話できたり、電話の発信(相手の呼び出し)時間も短いなどのメリットがある便利な機能ですが、使う上で知っておくべき注意点とデメリットがいくつかあります。

VoLTEの注意点とデメリットも契約している携帯電話会社によって少し異なります。

ご自分の契約している携帯電話会社の注意点とデメリットもちゃんと理解して使いましょう。

VoLTE機能を利用する上での注意点とデメリットについては、こちらのページをご覧ください。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。