TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>VoLTEとは

VoLTEとは

ここでは、iPhone6以降で利用できるようになったVoLTE機能についてご紹介しています。

VoLTE(ボルテ)とは、Voice Over LTEの略で、その名前の通り、LTE回線通信を利用した音声通話機能のことです。

LTE回線通信は、データ通信用として開発された通信規格なので今までのような音声通話を行うことができません。そのため、LTE回線に接続している状態で音声通話をしようとするときには、今までは、3G回線に切り替えて音声通話をしていました。

そこで、LTE回線のデータ通信の中に音声通話の帯域を作って音声通話ができるようにしたのが、VoLTE(ボルテ)です。


iPhoneでVoLTE(ボルテ)が利用できるのはiPhone6以降

VoLTEは、非常に便利な機能なのですが、利用するためには、キャリア(携帯電話会社)と使用機種側の両方でもVoLTEに対応している必要があります。

日本では、au、ドコモ、ソフトバンクともに、VoLTE機能に対応しているのですが、iPhoneは、iPhone6以降からの機種からVoLTEに対応しています。iPhone5SやiPhone5Cなどは、VoLTE機能にハード(機械)として対応していないので、利用することができません。

また、iPhone6以降の機種についても、VoLTE機能を利用するには、設定アプリでVoLTE機能を有効にする必要があります。



VoLTE(ボルテ)は、何がすごいの?

VoLTE機能は、導入当初は、話題にはなりましたが、その後、それほど話題にのぼることが少ないですね。VoLTE機能は、高速データ通信網のLTE回線を利用して音声通話ができるので非常に素晴らしい機能なのでが、利用者にとっては、今までも、データ通信機能を使ったSkype(スカイプ)やLine(ライン)の音声通話機能がありましたし、もともと携帯電話は、音声通話のための回線網ですので、VoLTE機能ができる前にも音声通話ができていたので注目度がそれほどでもないのが実情かもしれませんね。

VoLTEのメリット

通信規格として音声通話を提供
データ通信機能に音声通話をパケットデータとして通信して音声通話を実現しているSkype(スカイプ)やLine(ライン)の音声通話とは異なり、通信規格として正式に音声通話の帯域が確保されているので、音声が途切れたりする可能性が非常に少ない点がメリットですね。
音声通話の音質がクリア
データ通信の音声通話の帯域が確保されていることで、通信できる周波数帯が広くなったことで、音質が3G回線に比べてクリアになり会話が聞き取りやすくなる。
発信時間が短い
Volte設定してあるiPhoneは、従来に比べ発信時間が短くなります。従来より早く呼び出し音が鳴ります。
音声通話の時に、回線の切り替えが不要になる
iPhoneやスマートフォン(ガラケーも含みます)は、音声通話に3G回線を使用しています。しかし、通常は、高速データ通信のできるLTE回線や4G回線が優先して接続されるようになっています。
そのため、音声通話を行う時には、機械の中で3G回線への切り替えが行われています。電話発信をして、呼び出し音がなるまでに少し時間がかかるのは、音声通話用に3G回線の接続を行っているからです。
VoLTEは、回線の切り替えをせずに、音声通話ができるので、非常にスムーズに音声通話を行うことができるようになります。

auのiPhoneはVoLTEでデータ通信と音声通話の同時利用が可能になりました

auは、使用しているモバイル通信規格が、ドコモやソフトバンクと異なる「CDMA方式」を採用しているため、3G回線では音声通話とデータ通信の同時利用は不可能でした。そのため、auのiPhoneは地図検索画面を見ながら、相手と音声通話するといったことができないデメリットがありました。

しかし、VoLTEでは、LTE・4G回線で音声通話ができるようになったことで、auのiPhoneもドコモやソフトバンクと同様に、データ通信しながら音声通話できるようになりました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。