TopPage>標準アプリ>safari>iPhoneのSafariにパソコンのブラウザのブックマークを同期する方法

iPhoneのSafariにパソコンのブラウザのブックマークを同期する方法

外出先でiPhoneのSafariアプリでインターネットを利用している時に、自宅のパソコンのブラウザに保存されているブックマークをを利用できたらなと思うことありませんか?

iPhoneのSafariアプリの場合、iClooudの機能やiTunesの機能を利用することで、パソコンのブラウザソフトのブックマークをiPhoneのSafariアプリに取り込むことができます。


ここでは、iPhoneのSafariアプリにパソコンのブラウザのブックマークと同期する操作方法について、ご紹介しています。

ChromeアプリやFirefoxアプリの場合には、こちらのページをご覧ください。

  • Chromeアプリのブックマークや履歴を同期する方法
  • Firefoxアプリのブックマークや履歴を同期する方法

iPhoneのSafariとパソコンのブラウザのブックマークを同期する操作手順

iPhoneのSafariアプリとパソコンのブラウザのブックマークを同期する操作手順は、次の手順で行います。

パソコン側の設定手順
1.iCloud for Windowsをインストールする
2.iCloudにサインインする
3.iCloudのブックマーク設定を行う
4.ブラウザのブックマークの同期を開始する
5.ブラウザの拡張機能をインストールする
iPhone側の設定手順
1.iCloudにサインインする
2.iCloud設定画面でSafariをオンに設定する
3.Safariアプリを開き同期を確認する


パソコン側の設定手順

まず最初に、同期したいパソコン側の設定を行います。


1.iCloud for Windowsをインストールする

パソコンのブラウザのブックマークを同期するには、iCloudの機能を利用しますので、パソコンにiCloud for Windowsというアプリをインストールします。

マックパソコンの場合には、iCloudアプリが既に標準でインストールされているので、2に進んでください。

AppleのWebサイトでiCloud for Windowsアプリをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、パソコンにiCloud for Windowsアプリをインストールします。


apple_icloudforwindowsダウンロードページ


2.iCloudにサインインする

パソコンにインストールしたiCloud for Windwsアプリを開き、iCloudにサインインします。

サインインする時に入力するApple IDは、iPhoneのiCloudで利用しているApple IDです。

iPhoneでApp StoreとiCloudで別々Apple IDを使用している場合には、iPhoneのiCloudで使用しているApple IDでサインインしますので、間違わないようにしましょう。


iDloud-for-windwsログイン画面


3.iCloudのブックマーク設定を行う

iCloudにサインインすると、iCloud for Windowsの初期画面が表示されますので、そこに表示されているブックマーク項目にチェックを入れ、右側のオプションボタンをクリックして、ブックマークの設定画面を開きます。


iCloud-for-Windows初期設定画面


iCloud for Windowsのブックマーク設定画面が表示されますので、ブックマークを同期したブラウザにチェックを入れて、OKボタンをクリックして、ブックマーク同期を設定します。

ブックマーク同期の出来るブラウザは、IE(インターネットエクスプローラ)、Firefox(ファイアフォックス)、Chrome(クローム)の3種類です。(2017年7月時点)

iCloud-for-windwsブックマーク設定画面

4.ブラウザのブックマークの同期を開始する

ブックマーク設定画面が閉じて、iCloudの初期画面に戻りますので、画面右下に表示されている適用ボタンをクリックして、先程設定したブックマーク設定を開始します。


iCloud初期設定画面_適用ボタン


ブックマーク設定画面で選択したブラウザのブックマークをiCloudで統合するための確認画面が表示されますので、統合ボタンをクリックします。


iCloud-for-windwsブックマーク統合確認画面


これで、パソコン側の設定は完了です。

ですが、多分、ほとんどの人が、つぎの5のように、ブラウザの拡張機能のインストール案内画面が表示されると思います。


5.ブラウザの拡張機能をインストールする

次のようなブックマーク設定画面で選択したブラウザの拡張機能のインストール案内画面が表示されます。(既に、拡張機能がインストールされている場合には、この画面が表示されません。)

iCloudの機能で選択したブラウザのブックマークデータを同期するためには、ブラウザに、ブックマーク同期の拡張機能をインストールしておく必要があります。

拡張機能のインストール案内画面が表示されますので、ダウンロードボタンをクリックして、拡張機能(プラグイン)をダウンロードして、ブラウザに拡張機能をインストールします。


iCloud-for-windwsブックマーク統合_ブラウザ拡張機能ダウンロード案内画面


パソコン側の設定は、これで完了しましたので、次は、iPhone側の設定を行います。



iPhone側の設定手順

ここからは、iPhone側の設定手順になります。ここでは、iCloudにサインインしていない状態からご説明しています。


1.iCloudにサインインする

まず、iPhoneをiCloudにサインインします。

既にiCloudにサインインしている場合には、不要です。

iOS11_iCloudサインイン

2.iCloud設定画面でSafariをオンに設定する

iCloudへのサインインしたら、iCloud機能設定画面でSafariの機能をオンに設定します。スイッチを指でスライドさせて、グリーン(オン)にします。

iOS11_iCloud_Safari設定

iCloudのSafariデータの統合確認画面が表示されますので、統合を指でタップします。

iOS11_iCloud_Safari設定_統合確認画面

これで、パソコンのブラウザのブックマークをiPhoneのsafariへ同期されました。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。