TopPage>iPhoneのセキュリティ対策>iPhoneにはセキュリティアプリは必要ないのか?

iPhoneにはセキュリティアプリは必要ないのか?

アンドロイドのスマートフォンを携帯ショップで購入すると、必ずと言っていいくらいセキュリティアプリの購入を勧められます。

iPhoneもスマートフォンなのに、携帯ショップでiPhoneを購入してもセキュリティアプリについては、何も話をされませんよね。iPhoneは、セキュリティ対策は不要だよなんて話を聞くこともありますね。

iPhoneには、セキュリティアプリは必要ないのでしょうか?


iPhoneアプリには、セキュリティアプリは必要ない

iPhoneには、セキュリティソフトは必要ないのか?という質問に対しては、現状は、必要ないという答えになると思います。

iPhoneにセキュリティアプリが不要な理由は、基本ソフトのiOSとiPhoneアプリに、次の特徴があるからです。

iosとiPhone

iPhoneに常駐型のセキュリティアプリが不要な理由

1.アプリはAppleの審査を通過したものだけ

常駐型のセキュリティアプリが必要ない訳の一つは、iPhoneアプリは、アンドロイドスマートフォン用のアプリと異なり、AppStoreで提供される無償有償のアプリ共に、必ず、Appleの審査を通過しないと提供出来ないと仕組みになっています。このことから、悪意のウィルスを仕組んだアプリが提供される危険性は非常に低いからです。

AppStoreアプリアイコン

2.iOSは、審査の通ったアプリしかインストール出来ない

iPhoneを動かしている基本ソフトのiOSは、AppStoreで提供されているAppleの審査を通過したアプリしかインストール出来ない仕組みになっています。

このことにより、悪意のウィルスを含んだiPhoneアプリを作成して、Web上で配布したとしても、通常のiPhoneにはインストールされないからです。

尚、脱獄(Jailbreak)といって、このiOSの安全性の制御を取り除いたiPhoneでは、悪意のウィルスを含んだiPhoneがインストールされる危険性があります。通常のiPhone利用者は、脱獄(Jailbreak)をすることはないと思いますので、気にすることはありません。

ios8アイコンイメージ

iPhoneアプリにはそもそも常駐型のセキュリティアプリは存在しない

先ほど、iPhoneにはセキュリティアプリは不要と書きましたが、実は、そもそも、パソコンのセキュリティソフトのような電源が入っている時に常にウィルスを監視するような常駐型のセキュリティアプリは、iPhoneアプリには存在しないのです。


iPhoneに常駐型のセキュリティアプリが無い理由

iPhoneには、アンドロイドや、パソコンのセキュリティソフトのように、ウィルススキャン機能や、ウィルス駆除をするアプリは、現状では、存在しません。存在しない理由は、次の二つの理由からです。

1.アプリ側から、基本ソフトであるiOSの使用している全てのメモリ領域にアクセスすることは出来ない

iOSは基本ソフトですから、iPhoneアプリ側からアクセスすることは出来ますが、全ての領域について、直接アクセスできるわけではありません。Apple側からiOSの全ての仕様が公開されているわけではないのです。

仮に、iPhoneアプリ製作者が、iOSの制限されている領域にアクセスするようなアプリを製作したとしても、Appleの審査の段階で合格することはまず不可能です。


2.iPhoneアプリは、他のアプリの使用しているメモリ領域にアクセス出来ない

iPHoneアプリは、他のアプリのメモリ領域に基本的にアクセスすることはできません。というか、直接アクセスするようなアプリは、Appleの審査を通過することは出来ません。そのため、ウィルススキャン機能や、パソコンのセキュリティソフトのように常に稼働するようなウィルス駆除機能を備えたアプリは存在しません。


iPhoneには、セキュリティアプリは基本的に不要ですが、iPhone内の情報が盗まれる可能性がゼロということではありません。安心してiPhoneを利用するには、利用者側でもセキュリティ対策を行う必要があります。

copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。