TopPage>iphoneの購入ガイド>iphone本体価格の一括0円と実質0円には違いがある

iphone本体価格の一括0円と実質0円には違いがある

ここでは、iPhoneを購入する前に知っておくべき、iPhone本体価格の一括0円と実質0円の違いについて、ご紹介しています。

iPhoneを購入する人のほとんどが、携帯電話会社の提供している分割購入を利用して購入すると思います。この分割購入する時に、ちゃんと理解しておいたほうがいいことに、iPhone本体価格の一括0円と実質0円があります。

iPhoneを購入する気持ちでいっぱいになっていると、一括0円と実質0円の両方とも、0円と表示されているので、同じだと思って契約してしまいがちですが、この二つの0円には大きな違いがあります。


実質0円とは
実質0円とは、iPhone本体の分割購入月支払料金-毎月割りサービス料金=0ということです。
iPhone本体金額は分割購入しているので、契約者が支払う必要があるりますが、分割購入期間と同じ2年間は、携帯電話会社が提供している毎月割りサービスで相殺されるので、実質0円でiPhone本体が購入できますよというのが、実質0円なのです。
一括0円とは
一括0円とは、文字とおり、iPhone本体価格が0円で契約者に提供されるということです。


一括0円と実質0円では、支払金額に年間約4万円の違いが生じる

一括0円も実質0円もiPhone本体価格の支払金額は、ともに0円となり、違いや差が無いように思えますが、一括0円と実質0円の違いをしらないと、料金に年間約4万円ほどの違いが発生しますので、注意が必要です。

同じ0円なのに、なんで支払料金に年間4万円の差が出来るかというと、月月割や月々サポート、毎月割と呼ばれる携帯電話会社の料金割引サービスがあるからです。


携帯電話会社の料金割引サービスの月月割、月々サポート、毎月割とは

携帯電話会社の料金割引サービスの月月割、月々サポート、毎月割(このページでは、便宜上「毎月割サービス」と明記します)とは、携帯電話会社で名称に違いがありますが、簡単にいうと対象の携帯電話契約者に対して、ある一定期間の支払料金から割引をするというものです。


一括0円購入者にも毎月割サービスは適用される

毎月割サービスは、iPhoneの分割購入者用のサービスではなく、あくまでも、携帯電話会社が指定しているスマートフォンや、携帯電話本体を購入した契約者に対しても適用されます。つまり、一括0円でiPhoneを購入した契約者にも毎月割サービスは適用されるのです。

一括0円購入者(購入後2年間)は、毎月の携帯電話利用料金から毎月割サービス金額が差し引かれることなります。


iPhone本体を実質0円で購入した場合の毎月の支払イメージ
iPhone本体を一括0円で購入した場合の毎月の支払イメージ

毎月割サービスの金額は、iPhone本体の機種や携帯電話会社によってことなりますが、iPhone6の場合、平均的には、毎月3000円ですので、一括0円でiPhoneを購入した場合、実質0円でiPhoneを購入した場合に比べて、2年間にすると、3000円×24か月=72,000円もの支払金額を安く抑えることができるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。