TopPage>Apple Pay>ビューカードをiPhoneのApple Payに登録する時の注意点

ビューカードをiPhoneのApple Payに登録する時の注意点

ここでは、ビューカードをiPhoneのApplePayに登録する時の注意点について、ご紹介しています。


日本で発売されたiPhone7以降のiPhoneでは、フェリカICチップが内蔵されているので、iPhoneのWalletアプリにApplePayとして、suicaカードを取り込むことが可能になっています。

ビューカードも発行元の株式会社ビューカードのWebサイトにもありますが、ApplePayに対応していますので、ApplePayとしてWalletアプリに登録して使用することが出来ます。

しかし、ビューカードは、他のクレジットカードとは異なり、Suica機能が付加されているので、少しだけ利用者が注意する点・理解しておくことがあります。


ビューカードをApplePayで利用する時に理解しておく注意点

ビューカードのsuicaは、ApplePayとして取り込むことは出来ない
VISAブランドのビューカードは、Apple Payに登録してもsuicaへのチャージなどオンラインでの利用が出来ない
VISAブランドのビューカードはsuicaアプリに登録することでsuicaにチャージすることができる
ApplePayのsuicaにオートチャージを設定するには、ビューカードをsuicaアプリへ登録する必要がある

ビューカードのsuicaは、ApplePayとして取り込むことは出来ない

ビューカードには、suica機能が付いています。しかし、残念ですが、ビューカードのsuica機能は、ApplePayに登録することは出来ません。

実は、ビューカードのsuica以外にも、一部のsuicaカードはiPhoneのApplePayに登録して使用することは出来ません。

既存のsuicaカードは、iPhoneにApplePayのsuicaとして取り込むと、既存のsuicaカードは無効になります。しかし、suica機能付きのビューカードは、クレジットカードとして存在しているので、suicaを取り込んだ後に、ビューカードを無効にすることが出来ません。そのため、ビューカードのsuicaは、ApplePayとして取り込むことは出来ません。

ビューsuicaカード




ビューカードをsuicaとしてApplePayに取り込もうとすると途中で進むことが出来ない

iPhoneのWalletアプリで、ビューカードをApple Payにsuicaとして登録しようとしても、ビューカードをカメラを通して読み取ろうとした段階で、途中で止まってしまいます。

ビューsuicaカード_suica取り込み出来ない画面

suica識別IDを手入力しても登録することは出来ない

ビューカードの裏面に記載されているsuica識別IDを手入力してApplePayにsuicaとして取り込もうとしても、取り込むことは出来ません。


ビューカードをApplePayに登録して使用する場合は、クレジットカードとしてApplePayに登録して使用します。

ビューカードのsuica機能は、Apple Payに取り込むことは出来ません。



VISAブランドのビューカードは、Apple Payに登録してもsuicaへのチャージなどオンラインでの利用が出来ない

ビューカードには、VISAとマスターカード、JCBの3つの国際カードブランドがあります。

(国際カードブランドは、ビューカードの種類によっては、選択できるブランドが異なります。)

マスターカードとJCBブランドのビューカードの場合には、WalletアプリにApplePayとして登録すると、街中での利用では、idまたはQuicpayによる支払い、アプリ内やSafariアプリのWebサイトでの支払いではクレジットカード支払いが利用することが出来ます。

ApplePayのsuicaへのチャージもクレジットカードとして利用することが出来ます。


しかし、VISAブランドのビューカードは、WalletアプリにApplePayとして登録しても、アプリ内やSafariアプリのWebサイトでの支払いや、ApplePayのsuicaへのチャージなど、オンラインでの支払いには選択することは出来ません。(利用することは出来ません。)

これは、ビューカードだからということではなく、VISAブランドのクレジットカードに共通した注意点なのですが、ビューカードは、suica機能が付いているので、なんとなく、ApplePayのsuicaにチャージ出来ると勘違いされる人がいますが、suica機能付きのビューカードの場合でもVISAブランドのクレジットカードは、ApplePayに登録してもsuicaへチャージを行うことは出来ません。



VISAブランドのビューカードはsuicaアプリに登録することでsuicaにチャージすることができる

VISAブランドのビューカードで、iPhoneのWalletアプリに登録されているsuicaにチャージするには、iPhoneにsuicaアプリにをインストールして、suicaアプリで、モバイルsuicaの登録クレジットカード情報として登録する必要があります。

suicaアプリでモバイルsuicaの登録クレジットカード情報としてVISAブランドのビューカードを登録すると、suicaアプリ内で、ApplePayに登録されたsuicaにチャージを行うことが可能になります。

iPhoneにsuicaアプリをインストールする方法は、こちらのページをご覧ください。


ApplePayのsuicaにオートチャージを設定するには、ビューカードをsuicaアプリへ登録する必要がある

カード型のsuicaには、JR東日本またはパスモ対応エリアの駅改札機にタッチした時に、suicaの残高が設定金額以下の場合に、自動的に設定金額を登録したクレジットカードからチャージするオートチャージ機能を設定することは出来ます。

カード型のsuicaの場合には、JR東日本の駅に設置されている 「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」のATM機で支払するクレジットカードと、suicaをリンクしてオートチャージを設定します。

iPhoneのApplePayのsuicaにオートチャージを設定するには、iPhoneにsuicaアプリをインストールして、suicaアプリに支払いをするビューカードを登録クレジットカード情報として登録した後に、チャージするsuicaを設定する必要があります。

Walletアプリでオンライン支払の出来る「マスタカードブランドのビューカード、JCBブランドのビューカード」であっても、ApplePayのsuicaにオートチャージを設定するには、suicaアプリの登録クレジットカード情報として登録する必要があります。

ApplePayのsuicaへのオートチャージの設定方法は、こちらのページをご覧ください。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。