TopPage>iTunes(アイチューンズ)の操作と使い方>一つのiTunesを家族や複数で使用する方法

一つのiTunesを家族や複数で使用する方法

ここでは、一つのiTunesを家族など複数のiPhoneで使用する方法や注意すべき点などをご紹介しています。


iPhoneを家族それぞれが利用しているけど、家にはパソコンが1台しかないというご家族(ファミリー)って以外に多いと思います。

最近では、iCloudの機能が充実したのと、iCloudの有料プランを利用することで、iPhoneやiPadのバックアップの保存もパソコンのiTunesが無くても出来るようになりましたが、機種変更のデータ移行の時など、iPhoneのほぼ完全なバックアップデータを保存するためには、パソコンのiTunesソフトが必要になります。

そのような場合、家族で共有利用しているパソコンのiTunesソフトを利用することになると思います。

1台のパソコンのiTunesソフトでも、複数のiPhoneを接続してバックアップデータを保存したり、音楽データなどを同期することが出来ます。

しかし、家族で共通利用している一台のパソコンのiTunesソフトを家族で使用する場合には、ちょっとだけ気を付ける注意点がいくつかあります。








1台のパソコンのiTunesソフトを家族など複数で接続利用する時の注意点

何も考えずに一台のパソコンのiTunesを家族など複数の人で利用すると次のような問題点が発生します。


バックアップの取違えが発生する

iTunesでiPhoneやiPadを接続してバックアップを保存すると、バックアップはiTunesで設定されている一つのフォルダーにバックアップファイルは保存されます。

iTunesは、接続されたiPhoneやiPadの固有番号と設定されているユーザー名を元にバックアップファイルを作成して保存しますので、バックアップを保存するだけであれば、1台のパソコンのiTunesに異なるiPhoneやiPadを接続してバックアップを保存しても問題は発生しません。


バックアップの復元時に問題が発生する可能性がある

バックアップを保存する時には、問題は発生しませんが、保存してあるバックアップを復元する時には問題が発生する可能性があります。

それは、バックアップファイルの取違えです。

iTunesで保存されているバックアップファイルからのデータ復元を行う場合、復元するバックアップファイルを選択する画面が表示されます。その画面には、そのiTunesで保存したバックアップファイルの全てが表示され、復元の対象に選択することが出来ます。

バックアップに暗号化パスワードをかけてあれば、暗号化パスワードを入力しないと復元することは出来ませんが、暗号化パスワードをかけていない場合には、バックアップファイルを取り違えて他の家族のバックアップファイルを復元してします可能性があります。


バックアップの削除される危険性

暗号化パスワードをかけてあれば、間違って、他の家族のバックアップファイルを復元する可能性が低くなりますが、一つのitunesを家族など複数の人で利用している場合には、保存されているバックアップファイルが本人以外の人に誤って削除される危険性があります。


暗号化パスワードをかけたバックアップも削除することが可能

iTunesの環境設定のディバイスTab画面のバックアップ欄には、そのiTunesで保存されたiPhoneやiPadのバックアップファイルが一覧で表示されます。

このバックアップ欄では、選択したバックアップファイルを削除することが可能です。

たとえ、暗号化パスワードをかけてあるバックアップファイルでも、簡単に削除することが可能なんです。

故意に家族のバックアップファイルを削除する可能性が低いと思いますが、誤って、iTunesの環境設定のディバイスTab画面のバックアップ欄に表示されている家族のバックアップを削除してしまう危険性があります。


個人情報、プライバシー情報の漏洩

先程までご紹介していたように、一つのiTunesに家族など複数の人が利用している場合には、接続して保存されたバックアップファイルは、iTunesを開くことの出来る人なら誰でも、復元したり、削除したり出来ます。

つまり、故意、偶然に関わらず、他の人のバックアップファイルを復元すると、その人の個人情報やプライバシー情報を見ることが出来てしまう状況(個人情報、プライバシー情報が漏洩する危険性がある状態)なのです。

暗号化パスワードをかけてあるバックアップファイルの場合には、復元したり、閲覧されたりする危険性は低いですが、暗号化されていないバックアップファイルの場合には、バックアップの復元をしなくても、有料のソフトを利用すると、保存されているバックアップのデータを閲覧したり、取り出したりすることが可能になります。

iPhoneやiPadのアプリデータや写真データは、プライバシー情報もあるので、家族とはいえ、個人のプライバシー情報が漏洩するような環境で、iTunesを使用するのは避けたほうがいいと思います。



iTunesソフトを家族など複数で接続利用する方法

先程、ご紹介したバックアップファイルの取り違えや不注意による削除、プライバシー情報の漏洩を防止するためには、次の二つの方法のどちらかで、一つのiTunesを利用することをお勧めします。


パソコンのユーザーアカウントを設定してiTunesを複数で利用する方法

パソコンのユーザーアカウントを設定してiTunesを複数で利用する方法をご紹介しています。1台のパソコンのiTunesを家族など複数の人で利用する場合には、何も設定せずに利用することは避けたほうが無難です。iTunesを何も設定せずに、複数のiPhoneを接続利用するといくつかのも危険性や問題点があります… 続きを読む

iTunesのライブラリを設定してiTunesを複数で利用する方法

一つのiTunesにiPhone毎のライブラリを設定して複数のiPhoneを利用する方法をご紹介しています。家族など複数の人がそれぞれのiPhoneを一つのiTunesに接続して同期するには、パソコンのユーザーアカウント分けが一番いいのですが、音楽データが共有利用したい場合には、iTunesのライブラリを複数作成して利用する方法の方が便利です。… 続きを読む



ミュージック(音楽)データを共有する方法

iTunesの機能に、ホームシェアリングという機能があります。ホームシェアリングは、複数のパソコンのiTunesに保存されている音楽データを共有して利用できる機能です。ご自宅に複数のパソコンをお持ちの場合や、外出用にモバイルパソコンを利用している人には、iTunesの音楽データを含むライブラリ―データが共有利用できる便利な機能です… 続きを読む




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。