TopPage>標準アプリ>SMSMMSメッセージ(メール)>ドコモメールは、IMAP専用パスワードの設定が必須となります

ドコモメールは、IMAP専用パスワードの設定が必須となります

NTTドコモのキャリアメール(携帯メール)の@docomo.ne.jpは、セキュリティ強化のため、iPhone・iPadから送受信するためには、IMAP専用パスワードの設定が必須となります。

2018年1月にドコモからiPhoneなどのiOS標準メールアプリに対応したIMAP専用パスワードの利用開始が案内されて以降、IMAP専用パスワードの設定と利用は、利用者の任意となっていましたが、下記の日付以降は、IMAP専用パスワードの設定利用が必須となるとNTTドコモからアナウンスされています。


日本国内でのドコモメールを利用する場合
2019年8月以降は、IMAP専用パスワードの設定がされていない場合には、ドコモメールの送受信が出来なくなります。
海外からWi-Fi接続してドコモメールを利用する場合
2019年5月以降は、IMAP専用パスワードの設定がされていない場合には、ドコモメールの送受信が出来なくなります。





目次・メニュー
IMAP専用パスワードの設定が必須になる理由について
ドコモのIMAP専用パスワードについて


IMAP専用パスワードの設定が必須になる理由について

NTTドコモメールの利用にIMAP専用パスワードの設定が必須になる理由は、不正にドコモメールにアクセスされないためのセキュリティ上の向上です。

IMAPを利用しない場合にも、当然、ドコモメールの送受信には、パスワードが設定されています。

なんだ、ドコモメールは、送受信の時にパスワードが2重になるだと思われた人もいると思いますが、そうではありません。

IMAP専用パスワードを設定した場合には、設定したIMAP専用パスワードのみでアクセスの承認がされ、メールの送受信がされます。

なぜ、ドコモがメールのパスワードのセキュリティ向上のために、IMAP専用パスワードを設けて必須にするかというと、パスワードを推測されないためなんです。

ドコモメールをご利用の皆さんならお分かりだと思いますが、ドコモメールのパスワードは、利用者ご自身が設定したパスワードとなっています。

人によっては、あまり長いパスワードや、複雑なパスワードは忘れそうでめんどくさいので、自分に関係する文字や数字を組み合わせてパスワードを利用しているケースも多いと思います。

携帯メール(キャリアメール)のアドレスは、受信者にも当然表示されますし、いろいろな会員登録に利用していると、いろいろなところにメールアドレス自体は知られている状態になります。

携帯メールの送受信には、メールアドレスと利用者が設定したパスワードがあれば、可能になります。

ここで、利用者に関係する文字や数字で構成されたパスワードの場合には、パスワードを憶測して、メールに不正アクセスされる可能性があります。そのため、ドコモでは、利用者が設定したパスワードではないパスワードに変更しようとしているというわけです。






ドコモのIMAP専用パスワードについて

今回NTTドコモが利用を必須にしたIMAP専用パスワードの大きな特徴は、パスワードは利用者が設定するのではなく、NTTドコモ側でランダムに自動生成したパスワードとなる点です。

これによって、メールアドレスと利用者が特定されても、利用者に関係する文字や数字から、IMAP専用パスワードを推測することは難しくなるため、メールアドレスへ不正にアクセスされる可能性が低くなります。

ドコモのIMAP専用パスワードの作成は、MyDocomoアプリのメール設定画面から行うことが出来ます。

NTTドコモのSIMカードを利用している方は、なるべく早くIMAP専用パスワードの設定と利用を開始するといいと思います。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。