TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>Apple ID>Apple IDのユーザーID(登録メールアドレス)の変更方法

Apple IDのユーザーID(登録メールアドレス)の変更方法

ここでは、Apple IDの登録メールアドレスの変更方法について、ご紹介しています。

Apple IDは、Apple IDを作成した時に登録したメールアドレスで登録されます。

しかし、人によっては、つぎのような理由でApple IDの登録メールアドレスを変更した、または変更したいと思われる人もいると思います。

  • 携帯電話会社(キャリア)を変更したので、Apple IDとして使用していた携帯電話メールアドレスが変更した
  • Apple ID専用のメールアドレスに変更したい
  • iCloudメールアドレスに変更したい



Apple IDの登録メールアドレスの変更手順で注意する点

Apple IDの登録メールアドレスの変更する時には、つぎの点に注意する必要があります。


ベストな方法は、Apple IDを利用する全てのサービスからサインアウトしてから、Apple IDのメールアドレスを変更すること

Apple IDの変更は、この後の変更操作手順でもご紹介していますが、AppleのWebページで行います。

そのため、メールアドレスを変更しようとするApple IDがサインイン中かサインアウト中かに関わらず、変更することが出来ます。

Apple IDは、登録したメールアドレス自体が、Apple IDとなるため、Apple IDがサインイン中にApple ID自体が変更になるという状況になります。

そのため、同期がされないなど、利用中のサービスがうまく動作しないといった状況になるケースがあります。

Apple IDのメールアドレスを変更する時には、そのApple IDで利用している全てのサービスからサインアウトしてから行うのがベストです。

Apple IDでサインインするサービス
iCloud
FaceTime
iTunes Store
App Store
iMessage

(iTunes StoreとApp Storeは、Apple IDのサインイン設定も同一のため、どちらかをサインアウトします。)


最低でも、iPhoneを探す機能がオフにしてから、Apple IDのメールアドレスを変更すること

1でご紹介した「Apple IDを利用する全てのサービス」からサインアウトしてからApple IDのメールアドレスを変更することがベストな方法なのですが、FaceTimeやiTunes Storeなどのサービスは、Apple IDのメールアドレスを変更した後でも、比較的簡単にサインアウトすることが出来ます。そのため、Apple IDのメールアドレスを先に変更しても、変更した後に、サービスからサインアウトすればすみます。

しかし、iCloudの機能の「iPhoneを探す」機能については、Apple IDのメールアドレスを変更した後では、オフにすることが出来ません。

「iPhoneを探す」機能をオフするには、一旦、Apple IDのメールアドレスを変更前に戻す必要があります。

変更前のメールアドレスが、携帯電話のメールアドレスなどの場合、Apple IDのメールアドレスを変更間に戻すのに少し手間がかかりますので、Apple IDのメールアドレスを変更する場合には、必ず「iPhoneを探す」機能をオフしてから行うようにしましょう。

iphoneを探すをオフにせずに、Apple IDのメールアドレスを変更してしまった場合の対処方法は、こちらのページをご覧ください。



Apple IDの登録メールアドレス(ユーザー名)を変更する操作手順

iPhoneで使用しているApple IDの登録メールアドレス(ユーザー名)を変更する方法は、次の操作手順で行います。


iPhoneでApple IDでサインインしているAppleサービスからサインアウトする

iphoneでApple IDを使用している場合には、まずは、iPhoneでApple IDにサインインしている次のAppleサービスからサインアウトします。

iCloud
iCloud(アイクラウド)からサインアウトする方法は、こちらのページを参照ください。
iTunes StoreとApp Store
「iTunes StoreとApp Store」のサインアウトする方法は、こちらのページを参照ください。
Face Time
Face Timeのサインアウトする方法は、こちらのページを参照ください。
iMessage
iMessageのサインアウトする方法は、こちらのページを参照ください。

サインアウトせずにApple IDのユーザー名を変更して困ること

実は、Appleサービスからサインアウトせずに、Apple IDの登録メールアドレス(ユーザー登録名)を変更することは出来ますが、Appleサービスからサインアウトせずに、Apple IDの登録メールアドレス(ユーザー名)を変更すると、先ほどご紹介したように、その後のiPhoneでの利用でちょっとした困ったことが発生します。必ず、Apple IDのメールアドレスを変更するには、まず、Apple IDを使用しているAppleのサービスからサインアウトをしてから行いましょう。


2.Apple IDのアカウント管理ページにサインインする

Apple IDのアカウント管理サイトを開く

SafariアプリでApple IDのアカウント管理サイトのページを開きます。

appleIDアカウントサイト

Apple IDでサインインする

Apple IDとパスワードを入力して、サインインします。

入力するApple IDは、変更前の現状の登録メールアドレスになります。

appleIDアカウントサイト_AppleID入力

2フェクタ認証番号を入力する

Apple IDアカウント管理サイトで、Apple IDにサインインすると、2ファクタ認証画面が表示されます。

2ファクタ認証画面が表示されると同時に、Apple IDで登録された2ファクタ認証番号送信先にSMSメッセージが送信されます。

受信した2ファクタ認証番号(数字6桁)を入力します。

appleIDアカウントサイト_2ファクタ認証画面

2ファクタ認証番号が受信されない場合

Apple IDとパスワードを入力しても、iPhoneに2ファクタ認証番号が受信されない場合には、次の方法で再送信を行います。

2ファクタ認証ページで、「確認コードを受信していませんか?」と表示されているところを指でタップします。

appleIDアカウントサイト_2ファクタ認証再送付依頼

2ファクタ認証番号の再送信依頼メニューが表示されますので、「コードの再送信」または「SMSで送信」のいずれかを指でタップして、2ファクタ認証番号の再送信を行います。

AppleID_2ファクタ認証再送付依頼画面

2ファクタ認証番号を入力すると、あなたのApple IDのアカウント管理ページが表示されます。

AppleIDアカウント管理ページ画面



3.Apple IDのアカウント管理ページでメールアドレスを変更する

Apple IDのアカウント管理ページを開く

Apple IDの管理ページでアカウントの部分を指でタップして、Apple IDのアカウント管理ページを表示させます。

AppleIDアカウント管理ページ画面_アカウント部分

メールアドレス変更画面を開く

開いたApple IDアカウント詳細管理ページで、「メールアドレスを変更」という部分を指でタップして、メールアドレス変更画面を表示させます。

AppleIDアカウント詳細設定画面_メールアドレス変更

変更メールアドレスを入力する

Apple IDの登録メールアドレスの変更画面が表示されますので、新しくApple IDとして登録するメールアドレスを入力します。

入力したら、画面上に表示されている「次へ」を指でタップします。

AppleIDメールアドレス変更入力画面

セキュリティ質問に回答する

登録しているセキュリティ質問が2つ表示されますので、答えを入力して、画面下に表示されている「続ける」を指でタップします。

AppleIDユーザー名変更のセキュリティ質問回答画面



2フェクタ認証番号を入力する

Apple IDの登録メールアドレス(ユーザー名)が変更申請されると2フェクタ認証番号があなたのディバイスへ送信されますので、そこに表記されている数字6桁を2フェクタ認証画面で入力して、画面右上に表示されている「次へ」を指でタップします。

appleIDユーザー名変更後の2ファクタ認証番号入力画面

4.iPhoneで変更したApple IDでAppleサービスにサインインする

以上でApple IDのユーザー名(登録メールアドレス)の変更は終了です。

後は、iPhoneで変更後のApple IDのサインインをします。





copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。