TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>iOS15に更新するとメールのプライバシー保護機能の設定が必要

iOS15に更新するとメールのプライバシー保護機能の設定が必要

iOS15にアップデート(更新)を行うと標準メールアプリでプライバシー保護機能の設定が必要になります。

iOS15に更新した後に、標準メールアプリを開くと、次のように、メールプライバシーの設定画面が表示されます。

設定を行わないと、メールの確認画面も表示されません。iOS15にアップデート(更新)した人の中には、ちょっと驚いた人もいるかもしれませんね。

iOS15_メールプライバシー保護メッセージ画面



iOS15にアップデートした後にメールプライバシー保護設定画面が出る理由

iOS15にアップデート(更新)すると、メールアプリの設定項目にプライバシー保護という設定項目が追加されます。

iOS15にアップデート(更新)して、メールアプリを開いた時に、プライバシー保護の設定画面が表示されるのは、この追加されたプライバシー保護の設定が未設定になっているからです。

iOS15_メール設定項目画面

iOS15かた追加されたメールプライバシー保護機能について

iOS15から追加されたメールプライバシー保護機能は、簡単に言うと、iOSの標準メールアプリで受信したメールを開封した時やメールを見た回数や転送などがそのメールを送信してきた相手側に伝わらないようにする機能です。

メール開封確認とは、一般的には、メール送信者側で使用しているメールアプリ(メールソフト)で配信確認機能をオンをした時にメール送信者にメール開封メッセージが送信される機能です。

メールアプリの配信確認(配信リクエスト)機能の場合、受信したメールアプリによっては、送信者に開封メッセージを送信しますか?等の確認ダイヤログ(メッセージ画面)が表示されます。

この機能自体は、パソコンメールの頃よりある機能なのですが、実は、メールアプリの配信確認機能とは別に、トラッキングピクセルという仕組みでメール受信者が気が付かない内にメール受信者が受信したディバイス(iPhoneやiPad、パソコン等)のメール受信者のAgent情報(IPアドレス情報等)を送信する機能が使われていることがあります。


トラッキングピクセル(Tracking Pixel)とは

皆さんの中には、メールを開いた時に写真などの画像が無いのに画像添付ファイルがメールについていたことがありませんか?

トラッキングピクセルは、メール本文の中に透明などの小さな画像(カンマ等の場合も)を埋め込んであり、その画像ファイルにトラッキングタグは含まれており、メール受信者がメール開封した時間やIPアドレスなどが取得できるようになります。

パソコンなどのメールソフトやブラウザ上でオンラインメールを開いた時に、ユーザーが添付画像を開くとしないと、添付画像が表示されないようにしているのは、トラッキングピクセル防止のためでもあります。




copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。