TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>Appライブラリの機能-iOS14の新機能

Appライブラリの機能-iOS14の新機能

iOS14からホーム画面に新しくAppライブラリ機能が追加されました。

Appライブラリ機能は、簡単に言うと自動的にiPhoneのアプリをアプリのカテゴリ―毎にグループ化して表示してくれる機能です。

iOS13でも、ユーザーがフォルダーを作りフォルダー名を付けそこにアプリを入れて表示するフォルダー機能がありました。iOS14でもフォルダー機能は残っています。何が違うのでしょうか?

ここでは、iOS14で新しく追加されたAppライブラリ機能とフォルダー機能との違いをご紹介しています。




Appライブラリの場所は、ホーム画面の一番右側の最後のページ

Appライブラリは、ホーム画面の一番右側の最後のページの後に表示されます。

ホーム画面を指で右から左にスワイプして、最後にAppライブラリは表示されます。

Appライブラリを表示するのにホーム画面のページ数の多い人の場合には、何ページも指でホーム画面をスワイプする必要があります。このため、人によっては、「Appライブラリ機能ってあってもあんまり意味がないんじゃない」と思う人もいるかもしれませんね。

Appライブラリを表示

Appライブラリの機能

Appライブラリの機能は、主に次の機能だと思うとわかりやすいと思います。


Appライブラリは、アプリの自動分類庫

Appライブラリの大きな機能の一つが、アプリの自動分類庫としての機能です。

アプリの情報カテゴリに基づいて、iPhoneにインストールされているアプリがカテゴリ毎に分類され表示されます。(仕事効率化とファイナンスなどのように二つのカテゴリが一つに分類されているカテゴリもあります。)

Appライブラリ画面

ホーム画面のどこにアプリがあるか探すのが面倒な時に便利

iPhoneにたくさんのアプリをインストールして利用していると、あまり使っていないアプリがどのホーム画面にアイコン表示されているか分からなくなる時があります。そんな時には、Appライブラリ画面に表示されているカテゴリーアプリ画面を開くと割と簡単に探すことが出来ます。

ホーム画面と異なり、画面が縦に伸縮するので、カテゴリ画面内でAppアイコンを探すのが割と楽に出来ます。

Appライブラリ画面_スクロール

AppライブラリのカテゴリはApp情報欄のカテゴリ

アプリの情報カテゴリは、AppStoreのアプリ情報欄に表示されています。

Appライブラリの分類は、このApp情報のカテゴリ欄に表示されている項目でグルーピングされます。

App情報_カテゴリ欄


新規インストールアプリを簡単に見つけられる

Appライブラリの二つ目の機能は、新規インストールアプリを簡単に見つけられることです。

iOS13までは、AppStoreからアプリをiPhoneにインストールした場合、そのアプリは、ホーム画面の空いたスペースにアイコンが表示設定されます。

アプリのホーム画面での場所は後から変更出来るのですが、インストールした直後は、どこにアプリアイコンがインストールされたのかホーム画面を探す必要があります。

でも、Appライブラリの設定で、新規インストールアプリをAppライブラリのみに設定しておくことで、ホーム画面に空きスペースがあっても、そこにはアイコンは設定されず、Appライブラリの最近追加した項目欄だけに表示されるようになります。

その後、自分の好きなホーム画面の位置にインストールされたアプリアイコンを移動すると便利です。

Appライブラリ_最近追加した項目

Appライブラリを活用するとホーム画面をシンプルに出来る

Appライブラリ機能を上手に設定して次のようない設定利用することで、iPhoneのホーム画面をシンプルに1ページもしくは2ページ程度にすることが可能です。

  • 最初のホームぺージ(1ページ)+Appライブラリの構成にする
  • 新規ダウンロードAppはAppライブラリのみにする

ホーム画面とAppライブラリの2画面構成


iOs14にアップデートした状態では、今までのホーム画面の最後に、Appライブラリは表示され、カテゴリ毎にインストールされたアプリが表示されています。

このままの状態では、Appライブラリを表示するまで、何ページもホーム画面をスワイプする必要があるので、便利ではありません。

Appライブラリを活用するには、ホーム画面は出来たら最初の1ページのみ、無理なら2ページ構成になるようにアプリを厳選します。

新規ダウンロードAppアイコンが勝手にホーム画面に配置されないように、Appライブラリ設定画面で、Appライブラリのみ表示に変更します。


Appライブラリとフォルダー機能の違い

ここまでお読みいただければ、Appライブラリとフォルダーの機能の違いは、もうお分かりだと思います。一応、Appライブラリとフォルダー機能の違いを書いておきます。

Appライブラリ機能
ホーム画面の最後に一つの画面として自動的に構成される
ホーム画面と異なり、画面の高さについては、表示されるAppアイコンの量により伸縮する
App情報のカテゴリ毎に分類され
新規ダウンロードアプリが最近追加された項目として自動表示される
フォルダー機能
ホーム画面上でユーザーが手動で作成する
一つのフォルダー内には、ホーム画面1ページに表示できる数のみAppを入れることが出来る
AppをApp情報のカテゴリに関係なく一つのフォルダーに設置することが出来る



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。