TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOS8になって通知センターにウィジェット機能が追加されました

iOS8になって通知センターにウィジェット機能が追加されました

iOS8の新機能の中に、通知センターにウィジェットと呼ばれる機能が追加されました。

iOS8にアップデートした人やiPhone6に機種変更した人の中には、通知センターに今まで目にしなかったアプリからの通知が表示されていることにお気づきかと思いますが、このアプリからの通知機能が、ウィジェット機能です。

このウィジェット機能は、アンドロイドにあって、iPhoneに無い機能として、言われていた機能です。


ウィジェット機能って何?

ウィジェット機能、また新しい言葉ですね。若い人やパソコンやスマートフォンに詳しい人には、何ともない言葉でも、はじめてスマートフォンがiPhoneなんて人にとっては、何を言っているのか分からないですよね。

ウィジェット機能とは、説明するのがちょっと難しいのですが、簡単に言うとアプリやソフトがすぐに起動できるように準備してある機能(ランタイム環境)のことです。


通知センターが、iPhoneのウィジェット機能

概論的なことをiPhoneビギナーズで説明しても意味がありませんね。
単刀直入に言うとiPhoneのウィジェット機能は、実は通知センターそのものなんです。

そして、実は、iOS8以前の通知センターもウィジェット機能が備わっていました。

ただ、ウィジェット機能として許可されていたのが、標準アプリのカレンダーなどのアプリに限定されていたのです。
そのため、iPhoneにはウィジェット機能がないといわれていたのです。


iOS7の通知センター画面

iOS7までの通知センターは、今日、すべて、未確認のタブの三つで構成されていました。


ios7_通知センター画面


iOS7の通知センターに表示されたカレンダーのスケジュールをタップするとカレンダーアプリが開きましたし、
電話アプリの不在通知もその部分をタップすると不在着信の相手に電話がかけることができました。

iOS8の通知センター画面

iOS8の通知センターは、今日のタブと、通知のタブの二つの構成に変更されています。


ios8_ウィジェット機能


標準アプリ以外にもウィジェット(通知センター)機能に対応したアプリが表示されるようになっています。

ウィジェット(通知センター)機能に対応したアプリの通知メッセージをタップするとすぐにアプリが起動して、該当の画面が表示されます。


最初にiOS8にウィジェット機能が追加されましたと表記しましたが、正確には、標準アプリ以外にウィジェット機能が使えるようになりましたというのが正しいかもしれませんね。



ファミリー共有機能の通知メッセージもウィジェット機能

ウィジェット機能を理解するのに分かりやすいのが、iOS8から追加されたファミリー共有の通知メッセージだと思います。

お子さんからアプリの購入承認リクエストがされると、保護者であるファミリー共有管理者のiPhoneに購入承認依頼のメッセージが通知されます。

このメッセージは、通知センターに表示され、通知メッセージをタップすると、承認または、拒否するためのiTunesStoreの画面が表示されます。


通知センター_ウィジェット機能の使い方
AppStore_ファミリー共有承認画面



copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。