iPhoneでのApple IDのサインインについて

iPhoneでのApple IDのサインインというと、「iTunes StoreとApp Store」とiCloudの二つを思い浮かびますが、実は、iPhoneでApple IDでサインインする機能は、次のつ4の機能があります。



基本は、4つの機能へのサインインは、1つのApple IDで行う

iPhoneでのApple IDのサインインは、4つの機能があるとご紹介しましたが、普通は、その4つの機能へのサインインは、1つのApple IDで行います。

尚、意外に知られいませんが、実は、1つのiPhoneでこれら4つの機能をそれぞれ別々のApple IDでサインインして利用することも出来ます

初心者の人は、複数のApple IDを1つのiPhoneで使い分けすると混乱して、誤ってデータが消えたりする可能性もありますので、あまりお勧めしませんので、特別な理由や目的が無ければ、1つのApple IDで4つの機能にサインインすることをお勧めします。


ここでは、iPhoneの4つ機能のApple IDのサインインする方法についてご紹介しています。


iPhoneでApple IDにサインインして利用できる機能について

4つの機能へのApple IDのサインインする方法をご紹介する前に、4つの機能をおさらいしておきましょう。

理解されている人は、読み飛ばしてくださいね。


「iTunes StoreとApp Store」にApple IDでサインインすると利用出来る機能

iTunes Store(アイチューンストア)のコンテンツ購入(ダウンロード)・アップデート
App Store(アップストア)のアプリ購入(ダウンロード)・アップデート
Apple Music
利用する際には、別途利用契約が必要になります
ブックとオーディオブックのコンテンツ購入(ダウンロード)・アップデート
アルバムアートワークの取得
iTunesに取り込んだCDアルバムなどの楽曲のアルバム写真(アートワーク)を取得することができます

iCloud(アイクラウド)にApple IDでサインインすると利用できる機能

iCloud Drive
同一Apple IDでサインインしている機器(ディバイス)でのデータ共有
写真の共有
メールの共有
連絡先の共有
カレンダーの共有
リマインダーの共有
Safariの履歴・ブックマークの共有
ホーム機能の共有
メモの共有
Wallet設定の共有
キーチェーンデータの共有
バックアップの共有
ファミリー共有設定
iPhoneを探す機能

Face TimeにApple IDでサインインすると利用できる機能

Appleの提供している無料のFace Timeによる通話とビデオ通話機能を利用することができます。

発信者情報をApple ID表示にすることができます。


iMessageにApple IDでサインインすると利用できる機能

Appleの提供している無料のメッセージサービスのiMessageでメッセージを送受信することができます。

発信者情報をApple ID表示にすることができます。


4つの機能へのApple IDのサインイン方法




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。