TopPage>Apple Pay>Apple Payの使えるiPhoneの機種

Apple Payの使えるiPhoneの機種

ここでは、Apple Payの使えるiPhoneの機種について、ご紹介しています。

AppleのWebサイトのApple Payのページには、iPhone7以外にも、Apple Payに対応していると書かれています。

しかし、iPHoneの機種によっては、Apple Pay対応の機種であっても、Apple Payの一部の機能しか使えないこともあるので、ちょっとだけ注意が必要です。


目次インデックスメニュー
1.apple Pay対応のiPhoneの機種
2.対応機種毎に出来る機能について

1apple Pay対応のiPhoneの機種

Apple Pay(アップルペイ)に対応しているiPhoneの機種は、日本では、iOS9以降の次の機種になります。

  • iPhone7・iPhone7Plus
  • iPhone6S・iPhone6SPlus
  • iPhone6・iPhone6Plus
  • iPhoneSE

「あれ、Apple Payって、iPhone7かiPhone7Plusでないと使用出来ないじゃないの?」と思われた人もいるかと思いますが、実は、iPhone6やiPhoneSEでもApple Pay対応になっています。


2.対応機種毎に出来る機能について

Apple Payの日本での機能は、大きく次の3つの機能となります

クレジットカードによるオンライン決済(支払)機能
iPhoneのアプリ内での支払いにも利用することができます。
街中での電子マネー決済(支払)機能
お店や、自動販売機などで、id、QuickPay、Suicaなどの電子マネーによる支払いをすることができます。
交通系電子マネー利用(モバイルsuica)
JR東日本の提供しているモバイルSuicaとして、電車やバスなどの交通通機関の料金の支払いをすることができます。

iPhone6S以前のiPhoneではApple Payは、オンライン上でのみの対応となります

iPhoneSEやiPhone6なども、apple PayにiOSとしては、対応していますが、全てのApple Payの機能を利用できるわけではなく、一部、利用できない機能があります。

iPhone6S以前の機種では、iPhoneの設定アプリとWalletアプリにapplepayを設定登録しても、「クレジットカードによるオンライン決済機能」のみしか利用することはできません。

日本の場合には、Apple Payが登場する前から、Suicaなどの交通系電子マネーが浸透しているので、Apple Payで交通系電子マネーの機能が使えないのはちょっと物足りないと感じるかもしれませんね。

モバイルsuica機能をiPhoneで利用するためには、iPhone7以上の機種に変更する必要があります。





copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。