TopPage>Apple Pay>iPhoneでSuicaアプリを使うメリット

iPhoneでSuicaアプリを使うメリット

ここでは、iPhoneでSuicaアプリを使うメリットについてご紹介しています。

iPhoneでsuicaを登録して利用するには、新規にsuicaを発行する必要がなければ、suicaアプリをiPhoneにインストールしなくてもWalletアプリのみで利用することが出来ます。

ではなぜsuicaアプリがJR東日本から提供されているのでしょうか?

理由は、JR東日本が提供しているsuica機能のモバイルsuicaは、Walletアプリでは利用することが出来ないからです。


suicaアプリで利用できるモバイルsuicaの機能

suicaアプリをインストールすることで、新たに利用できるモバイルsuicaの主な機能は、次の機能です。

モバイルsuica会員登録完了画面

suicaの新規発行が出来る

iPhoneで新規にsuicaを発行するためには、どうしてもsuicaアプリが必要になります。

Walletアプリでは、新規にsuicaの発行機能はありません。suicaは、JR東日本の発行している電子ICカードのため、JR東日本の提供しているsuicaアプリでないと新規に発行することは出来ません。

iPhoneで新規にsuicaを発行して登録する方法は、こちらのページをご覧ください。

suicaアプリ_新規suica発行


オートチャージをsuicaに設定できる

suicaには、チャージ残高が少なくなった時に自動的に入金チャージしてくれるオートチャージ機能があります。

カード型のsuicaカードの場合には、JR東日本の発行しているビューカードがあれば、JR東日本の駅施設にある「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」のATMでsuicaとビューカードを連携登録することで、JR東日本の改札口を通過する時に、設定したチャージ残高より少なくなっていた場合に、設定した金額を自動でチャージしてくれるオートチャージ機能があります。

iPhoneのApplePayに登録したsuicaでは、suicaアプリを利用すれば、「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」に行かなくても、ビューカードでオーチャージ設定をすることができます。

suicaアプリ_チケット購入suica管理画面_オートチャージ設定項目

suicaグリーン券の購入

JR東日本の普通グリーン車の乗車券が、駅の券売機ではなく、iPhoneのsuicaアプリから購入することが出来ます。

購入金額も、事前購入金額と同額なので、グリーン車に乗車してからササッとiPhoneでsuicaグリーン券を購入することが出来ます。

suicaアプリ_suicaグリーン券メニュー画面

モバイルsuica特急券の購入

JR東日本の新幹線の特急券がiPhoneのsuicaアプリから購入することが出来ます。

モバイルsuica特急券には、料金が通常より安くて購入した新幹線の発車6分前までなら列車の変更が自由にできるモバトクと、列車の変更は出来ない代わりにさらに料金が安いスーパーモバトクの2つのモバイル特急券があります。

モバトクとスーパーモバトクともに、iPhoneでは、suicaアプリでモバイル会員登録しないと購入することは出来ません。

suicaアプリ_モバイルsuica特急券メニュー画面


ビューカードからのsuicaへのチャージ入金

ビューカードは、VISAブランドのクレジットカードとなり、Walletアプリでクレジットカード登録した場合には、suicaへのチャージ入金処理を行うことは出来ません。

VISAブランドのビューカードでsuicaへチャージ入金するには、suicaアプリにビューカードを登録する必要があります。

suicaアプリ_VIEWカード_チャージ入金

suicaの払い戻し

suicaの払い戻しは、通常、JR東日本の窓口で依頼して処理をしてもらいます。

ただし、suicaアプリでモバイルsuica登録をしている場合には、suicaアプリの画面からsuicaの払い戻しを行うことが出来ます。

suicaアプリ_Suica払い戻し画面

suicaの紛失時の再発行

suicaの紛失した後、新たなiPhoneでのsuicaの再発行などは、suicaアプリから行います。





copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。