TopPage>Apple Pay>Apple Payで削除したカードを再登録・復活する方法

Apple Payで削除したカードを再登録・復活する方法

ここでは、Apple Payで削除したクレジットカード・suicaを再登録・復活する方法をご紹介しています。

Apple Payで削除したクレジットカードやsuicaは、実は、簡単に復活・再登録することが出来ます。

削除したApple Payのクレジットカードを復活する(復元)する方法は、難しくはありませんが、カードを削除した方法によって、復元する方法が少しだけ異なります。

特に、iPhoneを紛失した時などにパソコンや他のiPhoneからiCloud.comにサインインして、Apple Payに登録してあったカードを一括して削除した場合には、削除したカードを復元するには、一度、iPhoneのWalletアプリで削除されているカードをWalletアプリから削除してからでないと復元(再登録)することは出来ません。




1.Walletアプリで削除したApple Payのカードを復活(復元)する方法

利用者が、登録してあるiPhoneのWalletアプリ画面で削除したカードを復活(復元)するには、次の操作手順で行います。


Walletアプリを開く
「カート追加」画面を開く
「クレジット/プリペイドカード」を選択する
復活するカードを選択する
セキュリティコードを入力する

1.Walletアプリを開く

ホーム画面のWalletアプリアイコンを指でタップして、Walletアプリ画面を開きます。

iOS10_Walletアプリアイコン

2.「カート追加」画面を開く

Walletアプリ画面の登録カード一覧画面の右上に表示されているカード追加アイコンを指でタップして、「カード追加」画面を開きます。

walletアプリ_ApplePay登録カード一覧_カード追加ボタン

カードを削除して、一つもWalletアプリにカードが登録されていない場合

カードを削除して、一つもWalletアプリにカードが登録されていない場合には、表示されたApple Payの画面の続けるを指でタップして、Walletアプリの登録カード表示画面を開きます。登録カード表示画面の右上に表示されているカード追加アイコンを指でタップして、「カード追加」画面を開きます。

Walletアプリ_インフォメーション画面
Walletアプリ_カード一覧画面


3.「クレジット/プリペイドカード」を選択する

カードの種類選択画面で、復元したカードの種類を選択します。

Walletアプリのカード追加を開いた時に、この「カードの種類」画面が表示されない場合には、iPhoneの地域設定が間違っていることが原因です。詳しくは、Walletアプリのカード登録画面でsuicaが選択できない時の対処方法のページをご覧ください。

Walletアプリ_カード追加_カードの種類選択画面

4.復活するカードを選択する

復元できる削除されたカードが一覧で表示されますので、復活したいカードを選択します。

復元するカードは、複数選択することができます。

選択したら、画面下に表示されている「続ける」を指でタップします。

Walletアプリ_削除されたカード一覧

5.セキュリティコードを入力する

復元したいカードの確認入力画面が表示されます。子の画面で、クレジットカードの場合はセキュリティコードを入力します。

Walletアプリ_削除されたカードの確認入力画面

後は、Apple Payの利用規約画面が表示され、削除されたカードが復元され再登録されます。

「カードを追加」画面で、複数のカードを選択した場合には、表示されている順に、復元するカードの確認入力画面が表示されますので、続けて復元を行います。



2.iCloudをサインアウトして消えてしまったApple Payのカードを復活(復元)する方法

iCloudからサインアウトしてApple Payの登録済みカードが消えてしまった場合には、先ほどの復元方法を行う前に、Apple Payを利用していたApple IDでiClooudにサインインを行います。

iCloudにサインインした後で、1でご紹介した「Walletアプリで削除したApple Payのカードを復活(復元)する方法」で、icloudをサインアウトして消えてしまったカードの復元を行います。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。