TopPage>Apple Pay>suicaの使い方>ApplePayにsuicaを取り込む前には、suicaポイントクラブのポイントチャージを忘れずに

ApplePayにsuicaを取り込む前には、suicaポイントクラブのポイントチャージを忘れずに

既存のカード型のsuicaをApplePayに取り込む時に、ちょっとだけ確認しておいたほうがいいことがあります。それは、取り込もうとするカード型のsuicaで、suicaポイントクラブのポイントが貯まっていないか確認することです。

suicaポイントクラブに登録していない人の場合には、関係ありませんが、suicaポイントクラブに登録してある場合には、もしかするとApplePayに取り込もうとしているsuicaカードにsuicaポイントが貯まっている可能性があります。

suicaポイントは、ApplePayにsuicaを取り込んでしまうと、消滅してしまいます。

なぜかというと、ApplePayにsuicaを取り込んだ時に、カード型のsuicaは無効となり、iPhone内部に埋め込まれているフェリカICチップの識別IDを利用した新しいsuicaが発行されるからです。そのため、suicaポイントクラブは、登録しているsuicaカードが無効になり自動的に貯まっていたsuicaポイントが消滅します。







1.suicaポイントは、新しいsuicaへのデータ移行は出来ない

suicaポイントクラブのポイントは、あくまでもそのsuicaカードのみに限定されてポイントなります。そのため、新しいsuicaへsuicaポイントのデータ移行(付け替え)は出来ません。

先程、ご紹介したように、suicaポイントの貯まっているカード型のsuicaをApplePayに取り込むとカード型のsuicaは無効となり、suicaポイントも消滅します。






suicaポイントは、ApplePayに取り込む前にカード型suicaにチャージする

suicaポイントのままですと、データ移行は出来ませんが、suicaチャージであれば、ApplePayの新しいsuicaにチャージ金額が移行されます。

suicaポイントは、貯まっているポイントをそのsuicaカードにチャージすることができます。

suicaポイント1に対して、1円としてsuicaカードにチャージされます。(2017年12月5日から、1ポイント単位でチャージできるようになっています。)


カード型suicaにsuicaポイントをチャージする方法

カード型のsuicaにたまっているsuicaポイントをチャージするには、次の手順で行います。


1.suicaポイントのWebサイトでポイント利用申請を行う

suicaポイントクラブで貯まったsuicaポイントをチャージするためには、利用申請が必要になります。

suicaポイントクラブにログインして、suicaポイントのチャージ申請を行います。

suicaポイントクラブログイン画面







2.「suicaマーク」の自動券売機でsuicaカードにチャージする

suicaポイントのチャージ申請が済んだら、実際にお手持ちのカード型suicaにsuicaポイントをチャージします。

ポイントのチャージは、JR東日本の改札や緑の窓口付近に設置されている「suica対応マーク」の自動券売機で行います。

Suica対応_JR多機能自動券売機

尚、「PaSoRi」「FeliCaポート」の接続されたパソコンがある場合には、JR東日本の自動券売機ではなく、JR東日本のSuicaインターネットサービスのWebページからチャージすることが出来ます。

Suicaインターネットサービス

suicaポイントをチャージしたら、ApplePayにカード型suicaの取り込みを行います。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。