TopPage>iphoneで初心者が気をつけるポイント>iphoneのバックアップの暗号化パスワードは、絶対に忘れてはいけない

iphoneのバックアップの暗号化パスワードは、絶対に忘れてはいけない

iphoneのパスワードというと、多くの人が、iphone本体のロックのパスコードとAppleIDのパスワードを思い浮かべると思います。

しかし、iphoneに関係するパスワードの中で、一番重要で絶対に忘れてはいけないパスワードがもう一つあります。

iPhoneのパスワードで絶対にわすれてはいけないのが、iTunesでiphoneのバックアップを取る時に設定した暗号化パスワードです。




iPhoneのバックアップの暗号化パスワードは忘れやすい

iphone本体のパスコードや、AppleIDのパスワードはある程度入力する機会があるので、忘れてしまうということの可能性が比較的低いですが、iTunesやiCloudでiphoneのバックアップで設定したパスワードは、iphoneへのバックアップデータからの復元を行う時と、バックアップの暗号化を解除する時以外は、入力する時が無いので、ややもすると、うっかり設定したパスワードを忘れてしまったなんて事のないようにしましょう。

iTunes_backupのパスワード




iphoneのバックアップの暗号化のパスワードを忘れてはいけない理由

iPHoneのバックアップの暗号化のパスワードをわすれてはいけない理由は、次の2つになるからです。

保存されたバックアップから復元が出来なくなる
当たり前の事ですが、暗号化する際に設定したパスワードを忘れてしまったということは、暗号化して保存したiphoneのバックアップデータは使用できません。
以前のバックアップデータが使用できない事は、実は大した問題ではありません。暗号化のパスワードを忘れてはいけないもっと重大な理由があります。
iphoneのバックアップが実質できなくなる
暗号化のパスワードを忘れても、iphoneのバックアップはされます。
しかし、バックアップされたデータは、暗号化されていますので、結局、バックアップデータは利用することはできませんので、iphoneデータのバックアップはされていないに等しい。
新たなパソコンにiTunesをインストールしても、思い出せない暗号化パスワードが掛かってバックアップが保存される
バックアップの暗号化のパスワードは、iphone本体にも保存されており、保存先のパソコンを変更しても、保存されるバックアップファイルには、暗号化パスワードが掛かった状態となります。
そのため、パソコンを変えてバックアップを取っても、暗号化パスワードを思い出さない限り、バックアップを利用することは出来ません。

iphoneの暗号化パスワード入力画面
iphoneの暗号化パスワード違いのメッセージ画面




バックアップの暗号化パスワードを忘れた時は、解決する方法は再設定しかない

バックアップなんていらないという人は、パスワードを忘れたまま使用する人もいるとは思いますが、復元ができるバックアップを取っておかないと機種変更の時や、iphoneの故障の時に、iphoneの中のデータはチャラになってしまいます。

暗号化バックアップのパスワードをどうしても思い出せない時には、潔くあきらめて、なるべく早めにiPhoneとiTunesの再設定を行いましょう。再設定することで、新たなパスワードでバックアップが取れるようになります。


バックアップ暗号化パスワードを忘れた時のiphoneとiTuensの再設定方法は、こちらでご紹介しています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。