TopPage>標準アプリ>カレンダー>iphoneのカレンダーアプリとGoogleカレンダーの同期設定方法

iphoneのカレンダーアプリとGoogleカレンダーの同期設定方法

iPhoneのカレンダーアプリでは、googleカレンダーのデータと同期して、スケジュールを表示したり、スケジュールを登録したりすることができます。

ここでは、iPhoneのカレンダーアプリとGoogleカレンダーとのデータ同期する方法をご紹介しています。


Googleカレンダーと同期設定する手順

Googleカレンダーとの同期は、非常に簡単です。ただ、設定画面がカレンダーではなく、メール設定画面で行うので、ちょっとだけ分かりづらいかもしれませんね。


1.設定アプリを開く

ホーム画面にある設定アプリアイコンを指でタップして、設定アプリ画面を開きます。

状態に

iPhone設定アプリアイコン

2.メール設定画面を開く

googleカレンダーの同期設定をするには、メール設定で、まず、Googleメールアカウントの接続設定を行います。

設定アプリ画面を指で下にスライドさせると、メールという項目がありますので、そこを指でタップして、メール設定画面を開きます。

iOS10_設定アプリ画面_メール項目

3.googleのメールアカウントを設定する

アカウント設定画面を開く

メール設定画面の一番上に表示されているアカウントの項目を指でタップして、アカウント設定画面を開きます。

設定アプリ_メール設定画面アカウント

アカウント追加登録画面を開く

メールアカウント設定画面に表示されている「アカウントを追加」というところを、指でタップして、アカウント追加登録画面を開きます。

メールアカウント設定画面_アカウント追加

Gmailアカウント追加画面を開く

追加するメールアカウントの種類選択画面が表示されますので、真ん中あたりに表示されているGoogleを指でタップして、Gmailアカウント追加登録画面を開きます。

メールアカウント追加種類選択画面

Gmailのメールアドレスとパスワードを入力してログインする

Gmailアカウント追加登録画面に、Gmailのメールアドレスを入力して、次へのアイコンを指でタップします。

続いて、パスワードの入力画面が表示されますので、パスワードを入力して、ログインアイコンを指でタップします。

これで、Gmailアカウントにログインします。

Gmailアカウント登録_メールアドレス入力画面

4.Gmail設定画面でカレンダー機能をオン(有効)にする

Gmailアカウントにログインすると、Gmailアカウントの設定画面が表示されます。

表示されたGmailアカウント設定画面で、カレンダー機能をオン(グリーン)に設定変更して、画面右上に表示されている保存ボタンを指でタップして、設定を保存します。

Googleカレンダー同期設定画面

これで、iphoneのカレンダーアプリとGoogleカレンダーの同期設定は、完了です。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。