TopPage>標準アプリ>safari>iPhone標準アプリSafariのリーディングリスト機能とは

iPhone標準アプリSafariのリーディングリスト機能とは

iPhoneでインターネットサイトを閲覧する時に便利な機能に、Safariのリーディングリスト機能があります。

リーディング機能とは、興味のあるWebページや気になったサイトを登録して簡単に後で閲覧できる機能です。

ブックマーク機能と少し似ていますが、リーディングリスト機能は、登録したサイトをオフラインで読むことができます。

通勤通学の時に利用すると、ちょっと便利な機能です。


リーディングリスト機能とブックマークの違い

iPhone初心者の人にも分かりやすいように、よく似た機能のブックマーク機能とリーディングリスト機能を比較しながら、ご紹介しますね。

リーディングリスト機能

閲覧したいWebページを簡単に呼び出せる
この点は、ブックマークと同じですね。
オフラインでもWebページを表示できる
リーディングリスト機能は、リーディングリストに登録した時点で、そのページを保存していますので、電波の届かない地下鉄や場所でも、登録したWebページを閲覧することができます。
パソコンとiPhoneで連携できる
iCloudを使うとパソコンのSafariのリーディングリストを後からiPhoneで読むこともできます。
朝や移動前にパソコンで気になるWebページをリーディングリストに登録して、外出中にiPhoneで閲覧することができます。
ブックマークも、iCloud機能を使うパソコンとiPhoneのSafariでブックマークを共有することができますが、リーディングリスト機能は、既にページが読み込まれているので、すぐにWebページが表示されます。

ブックマーク機能

よく見るWebページを簡単に呼び出せる
但し、ブックマークしたWebサイトを表示するには、インターネットに接続する必要がありますし、ブックマークをタップした時にブックマークしたサイトにアクセスできないと目的のWebページは表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。