TopPage>標準アプリ>SMSMMSメッセージ(メール)>iCloudバックアップにメッセージアプリデータの保存がiOS11.4から追加されました

iCloudバックアップにメッセージアプリデータの保存がiOS11.4から追加されました

ここでは、標準アプリのメッセージアプリのデータをiCloudに保存・バックアップする方法をご紹介しています。


標準アプリのメッセージアプリのデータは、パソコンのiTunesでバックアップをした時には、バックアップファイルに保存されていましたが、iCloudのバックアップでは、今まで保存することは出来ませんでした。

それが、iOS11.4にバージョンアップすることで、iCloudバックアップファイルにメッセージアプリのデータも保存されるようになりました。


メッセージアプリデータをiCloudバックアップファイルに保存する方法

iCloudバックアップファイルにメッセージアプリデータを保存するには、次の操作手順でiCloudの設定を変更します。


iOS11.4にバージョンアップする
設定アプリを開く
設定アプリのAplle ID画面を開く
iCloud設定画面を開く
メッセージアプリ設定をオンにする

1.iOS11.4にバージョンアップする

メッセージアプリデータがiCloudバックアップに保存されるのは、iOS11.4以降となりますので、iOS11.3以前のバージョンの場合には、iOS11.4にバージョンアップします。

iOS_ソフトウェアアップデート_設定アプリ一般設定画面


2.設定アプリを開く

iOS11.4へのバージョンアップが完了したら、ホーム画面の設定アプリアイコンをタップして、設定アプリ画面を開きます。

iPhone設定アプリアイコン

3.設定アプリのAplle ID画面を開く

設定アプリ画面のユーザーアイコンを指でタップして、Apple ID画面を開きます。

設定アプリ画面_ユーザー

4.iCloud設定画面を開く

Apple ID画面に表示されているiCloud項目を指でタップして、iCloud設定画面を開きます。

設定アプリ_AppleID画面_iCloud

5.メッセージアプリ設定をオンにする

iCloud設定画面のiCloudを使用しているAPPに表示されているメッセージアプリの設定を指でスワイプしてオン(グリーン)に設定します。

設定アプリ_iCloud_メッセージアプリ設定

以上の設定で、次から保存されてるiCloudバックアップファイルにメッセージアプリのデータが含まれて保存されるようになります。





copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。