TopPage>標準アプリ>SMSMMSメッセージ(メール)>MMSとは(マルチメディアメッセージサービスって何?)

MMSとは(マルチメディアメッセージサービスって何?)

iPhoneのMMS(マルチメディアメッセージサービス)の特徴について、ご紹介しています。


MMSメール(マルチメディアメッセージメール)は、iPhoneで送受信できるメールの一つで、世界標準規格のメッセージメールになります。

携帯電話からiPhoneに機種変更した人の会話で耳にするのが、「iPhoneのメールは複雑でよく分からない」と質問されることがあります。

iPhoneのメールが複雑なので無く、日本の携帯電話会社の提供している携帯メールが複雑なのです。

そして、iPhoneのメールを複雑に思わせている原因の1つが、このMMS(マルチメディアメッセージサービス)なのです。



目次メニュー
1.MMS(マルチメディアメッセージサービス)の特徴・出来る事
2.日本の携帯電話会社別のMMSについて
3.MMSの送受信で使用するアプリは、iPhoneの場合は、標準アプリのメッセージアプリとなります


MMS(マルチメディアメッセージサービス)の特徴・出来る事

MMSは、マルチメディアメッセージサービス(Multimedia message service)が正式名称で、簡単に言うと、携帯電話回線で送受信できるSMSで送受信することの出来なかった写真や画像、動画、音声なども送受信できるようにした世界標準の携帯電話のメッセージ機能です。


MMSの特徴

MMSは、次のような特徴を持っています。

写真、画像(絵文字)、ビデオ、音声の送受信が出来る
MMS(マルチメディアメッセージサービス)の名前の通り、文字、画像などの送受信が出来ます。
尚、1回で送受信できる画像ファイルや動画・音声ファイルのサイズは、携帯電話会社毎に異なります。
件名をつけることが出来る
メッセージ本文だけでも、件名をつけることもどちらも出来ます。
メッセージの送信先の宛先は、携帯電話番号と携帯電話が提供しているメールアドレスの両方が可能
MMSの宛先(メールアドレス)は、携帯電話番号か、携帯電話会社から発行されるメールアドレス(〇〇@softbank.ne.jpとか、〇〇@ezweb.ne.jpなど)のどちらでも宛先として指定することが出来ます。
メールアドレスの変更が可能
メールアドレスの@より前の部分については、利用者が変更することができます。
パソコンのEメールにも送信することができる
MMSで、送信元のメールアドレスを@形式で設定してあれば、パソコンのEメールにも送信することが可能です。
送信先がMMSの受信拒否している場合には、相手先には送信されません。
携帯電話回線に接続している時のみ送受信することが出来る
MMSは、携帯電話回線の通信局を経由して送受信されるので、携帯電話回線に接続していないと送受信することは出来ません。
Wi-Fiネットワークのみに接続している状態では、MMSの送受信は出来ません。


日本の携帯電話会社別のMMSについて

日本の携帯電話会社の場合、SMSとはのページでもご紹介しましたが、NTTドコモ、au、ソフトバンクと各携帯電話会社がそれぞれ独自で携帯メール機能を開発して提供してきたため、海外の携帯電話会社とは異なる環境になっています。


世界標準に近いMMSを提供しているのはソフトバンクのみ

NTTドコモは、MMSに対応していません。(MMSを提供していない)
MMS(マルチメディアメッセージサービス)に似たNTTドコモのメール機能は、iモードメールとなります。
ドコモの場合は、iモードという世界的に見て高度に進化したマルチメディアメールが利用されているので、MMSメールの規格に合わせることが出来ず、残念ですが、MMSメールは使用することは出来ません。
@docomo.ne.jpのメールは、メールアプリで、キャリアメールとして利用することが出来ます。
auは、MMSに対応していが、PCメールとしても利用できるようになっている
auの提供しているメール機能で、MMS(マルチメディアメッセージサービス)に対応するのは、EZメール(@ezweb.ne.jp形式)になります。
EZメールも独自規格になっていて、MMSとしてメッセージアプリで送受信することも出来ますが、パソコンのEメールと同じ様にキャリアメールとしてメールアプリで送受信することも出来るようになっています。
EZメール(@ezweb.ne.jp形式)は、設定により、使用するアプリをメッセージアプリのみ、メールアプリのみ、両方と設定することが出来ます。しかし、MMSとして送受信するには、使用するアプリをメッセージアプリのみに設定する必要があります。
ソフトバンクは、比較的世界標準に近いMMSを提供している
ソフトバンクの提供しているメール機能で、MMS(マルチメディアメッセージサービス)に対応するのは、S!メール(@softbank.ne.jp形式)になります。
ソフトバンクの場合、前身がボーダフォンという欧州企業だったため、S!メールは世界標準にある程度準じた規格仕様になっています。
送受信するアプリは、メッセージアプリで行います。

日本の携帯電話会社では、iモードメールやEZメール等、各携帯電話会社で写真や画像、音声、動画などを送受信できる機能が独自進化してきたので、日本国内においては、わざわざ、世界標準規格のMMSを導入する必要が無かったのでこのような対応になっています。



MMSの送受信で使用するアプリは、iPhoneの場合は、標準アプリのメッセージアプリとなります

MMSを送信したり、受信するには、MMSに対応した標準アプリのメッセージアプリを使用します。

iPhoneの場合、SMSとMMSを送受信するアプリについては、Apple製のメッセージアプリしか認めていません。(標準外のアプリはありません。)

メッセージアプリ_アイコン

auで、@ezweb.ne.jp形式のメールの送受信をメールアプリに設定した場合は、MMSではなくなります

「日本の携帯電話会社別のMMSについて」でご説明しましたが、auの@ezweb.ne.jp形式のメールは、MMSとして利用する事が出来ます。

しかし、@ezweb.ne.jp形式のメールをメッセージアプリではなく、メールアプリで送受信できるように設定した場合には、MMSとしての送受信ではなくなり、携帯メールをPCメールとして使用となります。


MMSを送受信するためのメッセージアプリの設定方法は、こちらのページをご覧ください。




page-navigation

copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。