TopPage>iphoneの基本操作使い方>パスワードとパスコード>iPhoneの指紋認証の特徴(出来ること)と注意する点

iPhoneの指紋認証の特徴(出来ること)と注意する点

今、iphoneの購入を検討している人の中には、iphone5Sにするか、iphone5Cにするか迷っている人もいるかと思います。

そんな人のために、iphone5Sから新しく追加された機能の指紋認証センサー(Touch ID)の特徴と設定方法について、わかりやすくご紹介しています。


指紋認証(TouchID)の特徴(できること)

iphoneのロック解除のパスコードとして指紋が利用できる
当たり前ですね。そんなの分かっていますよね。
パスコードが不要になるわけではない
ええ!。パスコードの代わりに指紋認証が利用できるのじゃないの?と思われた人もいると思います。
結構ここがポイントだったりします。実は、指紋認証のTouchIDを利用するには、パスコードの登録が必要になるんです。
登録できる指の指紋は5つまで
指は、日常生活の怪我や、摩耗などで一時的に変化する可能性がありますので、登録できる指の指紋は5つまで登録できます。
登録する指紋は、一つでも構いませんが、女性の場合など、ヘアマニキュアやマニキュアなどで指紋の凹凸が不鮮明になる場合もありますので、2つまたは3つの指紋を登録します。
iTunesやApp StoreでのAppleIDのパスワードとして利用できる
TouchID(指紋認証)のメリットは、実は、こちらの方だったりします。
アプリの購入などでAppleIDのパスワードを入力するときにTouchIDなら指先一つで出来るのでとっても便利です。
TouchID指紋登録画面

TouchIDを利用する時に注意する点

TouchIDをオンにしても、パスコードでiphoneのロック解除ができる
TouchIDの特徴でもご説明しましたが、TouchIDの指紋認証を利用しても、パスコードは登録する必要があり、iphoneのロック解除も当然、パスコードで出来ます。
パスコードを他人が推測しやすい4桁の数字などにしている場合は、TouchID(指紋認証)をオンにしていても、セキュリティが強化されるということではありませんので、注意しましょう。
TouchIDは、パスコードの入力の煩わしさを軽減する機能であって、それだけで、iphoneの不正使用のセキュリティが、向上さるものではありません。
iphoneのロック解除のセキュリティ向上には、パスコードも4桁ではなく推測されづらいものに
iphoneのロック解除のセキュリティを強固にしたいと思われる人は、ある程度複雑なパスコードを登録した上で、TouchID(指紋認証)を複数指登録して利用するといいでしょう。
TouchID(指紋認証)が無かった頃は、複雑なパスコードを登録して、結局パスコードが分からなくなって、iphoneのリセットするしかなかったなども起こりやすかったですが、TouchID(指紋認証)の機能の登場で、複雑なパスコードを登録して万一、忘れたとしても、指紋認証でiphoneのロック解除が出来るので、複雑なパスコードを利用しやすくなりました。
TouchID(指紋認証)を登録しても、パスコードは絶対忘れてはいけない
TouchIDは、あくまでもパスコードの補助的な機能とした位置づけになっています。
どういうことかというと、
TouchIDの解除やiphoneのロック機能のオフ設定の際には、パスコードを入力しないと行うことが出来ません。
ですから、パスコードを忘れてしまった場合、TouchIDの指紋認証があるので、iphoneのロック解除は出来ますが、パスコードの変更や、機能制限の変更などは行うことはできません。

iPhone5Sの指紋認証(TouchID)の設定方法については、こちらのページでご紹介しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。