TopPage>iphoneの基本操作使い方>パスワードとパスコード>スクリーンタイムパスコードがわからない・忘れた時の解除・リセット方法

スクリーンタイムパスコードがわからない・忘れた時の解除・リセット方法

設定されているスクリーンタイムパスコードがわからない、設定したスクリーンタイムパスコードを忘れた時の解除方法・リセットする方法をご紹介しています。


スクリーンタイム(Screentime)は、iOS11までの機能制限機能がiOS12で機能変更したものです。

スクリーンタイムは、新規にiPhoneを初期設定(アクティベーション)した場合には、無効(オフ)に設定されています。

iOSをアップデートした事で、勝手にスクリーンタイムパスコードが設定されることはありませんし、スクリーンタイムパスコードに初期値もありません。

ただし、スクリーンタイム機能は、iOS11までの機能制限機能も含まれたいるので、iOS11で機能制限パスコードを設定してある場合には、iOS12にアップデートするとスクリーンタイムパスコードに機能制限パスコードがセットされます。


設定されているスクリーンタイムパスコードを忘れてしまたり、分からない場合には、スクリーンタイムパスコードの解除・リセットを行う必要があります。

また、条件が整えば、忘れてしまったスクリーンタイムパスコードを解読する(調べる)ことも出来ます。




iOS12のスクリーンタイムパスコードには初期値はありません

iOS12にiPhoneをアップデートしたら、スクリーンタイムパスコードが勝手に設定されたという人がいますが、スクリーンタイムパスコードに初期値はありません。

そして、iOSをアップデートしたことでパスコードが勝手に設定されることはありません。

ガラケーの携帯電話機などは、暗証番号が初期値で0000とか、9999とか設定されるようになっていたので、iPhoneでも、そのように、パスコードに初期値があり、最初は、その初期値が設定されると思われる人もいますが、iPhoneではそのようなことはありません。



iOS12にアップデートして設定されるスクリーンタイムパスコードはiOS11の機能制限パスコード

iOS11だったiPhoneをiOS12にアップデートした後に、スクリーンタイムパスコードが設定されている場合には、iOS11の時に設定していた機能制限パスコードが設定されています。

スクリーンタイム機能は、iOS11の機能制限機能がアップグレードした機能なので、iOS12にアップデートする前に機能制限パスコードが設定されている場合には、アップデートした時にスクリーンタイムがオンに設定され、パスコードは、機能制限パスコードが設定されます。


スクリーンタイムパスコードを複数回間違うと入力待機時間が設定される

スクリーンパスコードを複数回間違うと、機能制限パスコードの時と同様に、パスコードの入力待機時間が設定されてしまいます。

そのため、6回、スクリーンタイムのパスコードを間違って入力すると、次回入力できる待機時間が設定されます。


スクリーンタイムパスコードがわからない・忘れた時の4つの解除方法

スクリーンタイムのパスコードがわからない・忘れた時の解除方法は、次の4つの方法があります。



1.iPhoneを初期化して新しいiPhoneとして使用する

スクリーンタイムパスコードが分からない場合に解除する基本的な方法は、iPhoneを初期化して新しいiPhoneとして使用する方法になります。

この方法は、スクリーンタイムパスコードだけでなく、他のすべてのiPhoneのデータが消去されますので注意してください。

尚、iPhoneを初期化した後に、バックアップファイルを復元すればいいと思われる人もいると思いますが、バックアップデータを復元した場合、復元するバックアップデータにスクリーンタイム(または機能制限)のパスコードが設定されていると復元されたiPhoneにもパスコードが設定されますので、結局、スクリーンタイムパスコードが解除されませんので注意してください。

iPhoneを初期化して、新しいiPhoneとして使用する方法は、こちらのページをご覧ください。


2.iOS11にiTunesで保存した暗号化していないバックアップファイルからパスコードを解読する

iOS11以前のバックアップファイルをiTunesで暗号化せずに保存されている場合には、itunesのバックアップファイルから、パスコードを解読することが出来ます。

但し、保存されているバックアップファイルを保存した移行に、iPhone側で機能制限パスコードを変更している場合には、解読したパスコードと現在、iPhoneに設定されているスクリーンタイムパスコードが異なりますので、解除することは出来ません。

iOS11以前のバックアップファイルから機能制限パスコードを解読する方法は、こちらのページをご覧ください。


3.iPhoneをiOS11にダウングレードして、iTunesバックアップを保存してパスコードを解読する

iOS12のスクリーンタイムパスコードは、iOS11の時と異なり、バックアップファイルのキーチェーンのファイルに統合されて保存されています。

iOS11までは、機能制限パスコードは、単独のバックアップファイルに保存されていたので比較的容易に解読することができましたが、キーチェーンのバックアップファイルと統合されたため、暗号化のレベルが向上したため、簡単には解読することが出来なくなりました。

iOS11のiTunesのバックアップファイルが無い場合、iPhoneを一旦iOS11にダウングレードして、iOS11でのバックアップファイルを保存することで、スクリーンタイムパスコードを解読することが出来ます。

但し、iOSは基本的に古いバージョンにダウングレード出来るのは、メジャーバージョンのiOSが配信されてから数週間から1か月程度の期間となります。そのため、このダウングレード出来る期間以外では、この方法は特殊な方法を除いて出来ません。

iOSは、SHSH(Signature Hash シグネチャーハッシュ)という機能で、iOSのダウングレードを出来ないようになっています。SHSHの機能については、こちらのページをご覧ください。

iPhoneのiOS12をiOS11にダウングレードする方法は、こちらのページをご覧ください。



4.暗号化したiTunesバックアップからスクリーンタイムパスコードを解読する

先程、ご紹介しましたようにiOS12以降は、機能制限パスコードがスクリーンタイムパスコードに変更となり、iTunesのバックアップファイルに保存される時には、キーチェーンのバックアップデータと一緒に保存されるように変更となりました。

そのため、暗号化されていないバックアップファイルにはスクリーンタイムパスコードは保存されていないので、スクリーンタイムパスコードを解読するには、暗号化したiTunesのバックアップデータと解読ソフトを使うことで、スクリーンタイムパスコードを解読します。

スクリーンタイムパスコードを解読する方法は、こちらのページをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。