TopPage>iphoneの基本操作使い方>パスワードとパスコード>iTunes&App Storeで指紋認証が使えない時の対処方法(iOS7の場合)

iTunes&App Storeで指紋認証が使えない時の対処方法(iOS7の場合)

iPhoneの指紋認証は、iTunes StoreやApp Storeでのアプリや楽曲を購入するときにAppleIDのパスワードの代わりとして利用できるなど、とっても便利な機能です。

しかし、TouchID&パスコードの設定で、iTunes&App Storeの利用をオンにしていても、iTunes StoreやAppStoreで指紋認証が有効にならないといった問題に遭遇する人がいます。

iOS7に限ったことなので、iOS8の人は、読み飛ばしてくださいね。


iTunes&App Storeで指紋認証が有効にならない時は、機能制限の設定を確認しましょう

iOS7の場合に、Touch ID&パスコードで、>iTunes&App Storeをオンにしていても、一般設定の機能制限がオンになっていると、指紋認証が有効にならないケースがあります。

原因はiOSの不具合

iTunes&App Storeで指紋認証が有効にならないという現象の原因は、iOSの不具合でした。iOS7.1.1のアップデートの際に、この不具合は解消されていますので、今ではこのようなケースになる人はないと思います。

しかし、人によっては、購入した状態のiOSで使用している人もいるようですので、念のため、対処方法をご紹介します。

最新版のiOSにアップデートする
当たり前すぎることですが、最新のiOSにアップデートすれば、問題は解消されます。
機能制限をオフにする
どうしても、現状のiOSのままで使用したい場合には、機能制限の設定をオフすることで問題は解消されます。

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。