TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>Apple ID>「iPhoneを探す」をオフに出来ない原因とその解決方法

「iPhoneを探す」をオフに出来ない原因とその解決方法

ここでは、「iPhoneを探す」機能をオフに出来ない原因とその解決方法をご紹介しています。

普段はあまり気にすることの無い「iPhoneを探す」機能ですが、iCloudからサインアウトする時や、iPhoneを初期化する時になって、「iPhoneを探す」機能をオフに出来なくなって困ってしまうことがあります。


「iPhoneを探す」機能は、iPhoneを探すという機能だけでなく、盗難時のセキュリティ機能(アクティベーションロック機能)も兼ねているので、正しい方法以外では、簡単にオフにすることが出来ないようになっています。

携帯電話会社での機種変更のキャンペーンのiPhoneの下取りは、多くの場合「iPhoneを探す」機能をオフにしていない(アクティベーションロックがかかっている)場合には、下取りが拒否されます。


下取り拒否されないためにも、「iPhoneを探す」機能をオフにする方法を理解しておきましょう。


1.「iPhoneを探す」機能をオフに出来ない場合の原因

「iPhoneを探す」機能をオフに出来ない原因は、主に次の4つが多いですね。

  • Apple IDの登録メールアドレスを変更してしまった
  • iPhoneが圏外
  • iPhoneの通信状態が不安定
  • AppleのiCloudの機能に不具合がある

1.iCloudをサインアウトせずに、Apple IDの登録メールアドレスを変更すると「iPhoneを探す」は、オフに出来ない

「iPhoneを探す」機能をオフ出来ないと困っている人の多くは、このiCloudをサインアウトせずに、Apple IDの登録メールアドレスを変更してしまったケースではないでしょうか?

「iPhoneを探す」機能は、iCloudの中で提供されている機能です。

そのため、「iPhoneを探す」機能をオフにするには、iCloudでサインインしているApple IDとパスワードを入力する必要があります。

ところが、icloudをサインアウトせずに、icloudのサインインで使用しているApple IDの登録メールアドレスを変更してしまうと、「iPhoneを探す」機能をオフにすることが出来ないという事態に陥ります。

Apple IDは、登録めiCloudにサインインして「iPhoneを探す」機能をオン(有効)にした時のApple IDと、変更されたApple IDが異なるため、「iPhoneを探す」機能をオフにすることが出来ないという事態に陥ります。

iOS10以降のiPhoneの場合には、iCloudをサインアウトせずに、Apple IDを変更しても、新しく登録したApple IDの正しいパスワードを入力すれば、「iPhoneを探す」機能をオフにできるように変更されています。



解決方法

iOS9以前のiOSを使用しているiPhoneの場合には、次の二つのいずれかの方法で、「iPhoneを探す」機能をオフにすることが出来ます。

iOSを10以上のバージョンにバージョンアップする
iOS10以降のバージョンにすると、変更前のApple IDのメールアドレスに戻さなくても、新しいApple IDの正しいパスワードを入力すれば、「iPhoneを探す」機能をオフに出来ます。
Apple IDを一旦、前のメールアドレスに戻す
safariアプリでApple IDアカウントページにアクセスして、Apple IDの登録メールアドレスを一旦、変更前の古いメールアドレス(「iPhoneを探す」をオフにする時に表示されるApple ID)に戻します。
その後、「iPhoneを探す」をオフにする画面で、現在設定されているApple IDのパスワードを入力すれば、オフにすることができます。

2.iPhoneが圏外のため、「iPhoneを探す」機能をオフに出来ない

「iPhoneを探す」機能の設定は、iPhone内部の設定だけでなく、iCloudサーバーにも設定がされています。

そのため、iPhoneが圏外の場合には、iCloudサーバーにアクセスすることが出来ず、「iPhoneを探す」をオフにすることが出来なくなります。

この場合には、iPhoneがモバイル回線または、Wi-Fi回線に接続できる場所に移動します。


3.iPhoneの通信状態が不安定で、「iPhoneを探す」機能をオフに出来ない

Apple IDの登録メールアドレスも変更していないし、iPhoneのアンテナも圏外でないのに、「iPhoneを探す」機能をオフに出来ない場合には、iPhoneの通信状態が不安定なことが原因の場合があります。

圏外でもないのに、「iPhoneを探す」をオフにしようとすると接続エラーが表示される場合には、Wi-Fi接続の切り替えが頻繁に起きる場所で、iPhoneの通信が安定しないことが主な原因です。

最近では、街中に携帯電話会社の提供しているWi-Fi接続スポットが多くあり、街中の接続可能なWi-Fiスポットの接続ポイントが切り替わる周辺にいると、Wi-Fi接続が頻繁に切り替わり通信状況が不安定になり、「iPhoneを探す」をオフにしようとすると接続エラーが表示されることがあります。

この場合には、まず、Wi-Fi接続をオフにして、モバイル通信のみにして「iPhoneを探す」をオフにしてみましょう。



AppleのiCloudの機能がサービスダウンしていて「iPhoneを探す」をオフに出来ない場合があります。

あまり無いことではありますが、まれに、AppleのiCloudの機能がサービスダウンしていて「iPhoneを探す」をオフに出来ない場合ばあります。

特に、iOSが大きく変更されたメジャーバージョンアップの後等は、AppleのiCloudサーバーに不具合が発生して、一時的に、iCloudの機能がサービスダウンすることがあります。その時には、icloudサーバーに接続することが出来ず、接続エラーが表示されることがあります。

この場合には、iCloudの機能が正常に戻るのを待つしかありません。

尚、icloudの機能の状況は、ユーザーが確認することができます。iCloudの機能状況を確認する方法は、こちらのページをご覧ください。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。