TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>ホーム画面のアイコンの一括移動-OS11の新機能

ホーム画面のアイコンの一括移動-OS11の新機能

ここでは、iOS11の新機能として追加されたホーム画面のアイコンの一括移動について、ご紹介しています。

iOS10までは、ホーム画面のアイコンの移動は、1つずつしか行うことが出来ませんでした。アイコンの移動は、あまり頻繁に行うこともないのですが、複数のAppをインストールした時など、ホーム画面のアイコンを整理する時には、面倒な時がありましたが、iOS11ではアイコンを一括指定して移動することが可能になっています。


ホーム画面のアイコンの一括移動の操作方法

ホーム画面のアイコンを一括移動するには、次の操作方法で行います。

ホーム画面のアイコンを移動状態(フロート状態)にする
移動したいアイコンを一つ長押して少し移動する
一緒に移動したいアイコンを別の指でタップして指定する
一つにまとまったアイコンを移動する

1.ホーム画面のアイコンを移動状態(フロート状態)にする

ホーム画面でいままでのようにアイコンを移動するために、移動したいアイコンを指でホールド(強く長押しせずに、軽く少し長くタッチ)します。

ホーム画面のアイコンがゆらゆら揺れて状態(移動可能なフロート状態)になります。

フロート状態になったら、一旦指を離しても大丈夫です。

iOS11_アイコン一括移動_ホールドタッチ

2.移動したいアイコンを一つ長押して少し移動する

フロート状態のアイコンの中から、移動したアイコンを一つ指で軽くタッチしたままにします。

その指を離らずに、アイコンを少し移動します。ここでも指は離さずに、アイコンに軽くタッチしつづけておきます。)

iOS11_アイコン一括移動_アイコンを移動してホールドタッチ





3.一緒に移動したいアイコンを別の指でタップして指定する

別の指で、一括移動したいアイコンをタップします。(こちらは、通常のタップで行います。)

iOS11_アイコン一括移動_一括したいアイコンをタップして指定


タップされたアイコンは、もう一つの指でホールドされているアイコンの上に取り込まれて、アイコンの右上の表示数が加算されていきます。

この状態でも、最初にホールドしている指は離しません。そのままの状態でホールドタッチしておきます。

iOS11_アイコン一括移動_アイコンが一括された画像

4.一つにまとまったアイコンを移動する

一つにまとまったホールドしているアイコンを指を離さずに、移動したところに移動したら、指を離します。

これでアイコンが一括移動されます。

iOS11_アイコン一括移動後のホーム画面

これでホーム画面のアイコンの一括移動の操作は完了です。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。