Apple Pay(suica)を登録してあるiPhoneを紛失した時の対処方法

ここでは、Apple Pay(suica)を登録してあるiPhoneを紛失した時の対処方法をご紹介しています。

Apple Payを登録してあるiPhoneを無くした時には、Apple Payの設定方法によっては、簡単にApple Payのカードを利用される可能性があります。

クレジットカードやプリペイドカードの場合には、支払いに利用する場合に、パスコードの入力かTouch ID認証が必要になるので、直ぐに不正利用される可能性は高くはありませんが、他人が直ぐに推測できるような簡単な4桁のパスコードなどに設定している場合には、不正に利用される可能性があります。


特に、suicaにエクスプレスカード設定をしてある場合には、iPhone本体ロック解除のパスコードが分からなくても、suicaカードを利用することが出来るため、出来るだけ早急に、iPhoneに登録してあるsuicaを含むApple PayのカードをiPhoneから削除して、使用停止するようにしましょう。



ApplePayのiPhoneを紛失した時は、iCloud.comからApple Payに登録されたカードの削除を行う

Apple Payを利用しているiPhone本体を紛失した時には、まずは、インターネットのiCloud.comに接続して、Apple Payに登録されているクレジットカードやsuicaカードのiPhone本体からの削除を行います。

登録されているのが、クレジットカードやsuicaなので、紛失した時には、登録してあるクレジットカード会社やsuicaを運営しているJR東日本に紛失連絡をすると思われてと思いますが、利用者が、まず最初に行った方がいいのが、インターネット経由でiPhoneで使用しているiCloudのApple IDでiCloud.comに接続して、Apple Payに登録されているカードを削除することです。

iCloud.comを利用することで、Apple payに登録されているモバイルsuicaの利用停止をすることができます。クレジットカードの場合には、Apple Pay上での利用のみを停止することが出来ます。お手元にあるクレジットカード本体での利用は停止されません。

iCloud.comに接続して、Apple Payの登録カードを削除する方法は、こちらのページをご覧ください。






iCloud.comで削除できない場合

iCloud.comにアクセスする際には、Apple IDとパスワードが必要になります。

人によっては、iPhoneで常にiCloudにサインインし放し状態でパスワードを忘れてしまった場合や、紛失してiPhone内にパスワードをメモっていたなんて人もと思います。その場合には、忘れてしまったiCloudのAppleIDとパスワードを確認する方法のページで確認することが出来ますので、早急にApple IDとパスワードを確認してiCloud.comでApple Payの登録済みカードの削除を行いましょう。


どうしても、iCloud.comで登録済みカードを削除できない場合

iCloud.comでのApple Payの登録済みカードの削除は、インターネットに接続できる携帯電話端末やパソコンなどが必要になります。

外出時でiCloud.comに接続できる方法がなく、早急にApple Payのクレジットカードやsuicaの利用を停止したい場合には、最終手段で、それぞれのクレジットカード会社やJR東日本のサポート窓口に電話にて依頼をするしか方法はありません。


クレジットカードの場合

クレジットカードのサポート電話に電話をすると、、多くの場合、iCloud.comによるクレジットカードの削除を再度案内されるはずです。

iCloud.comでの削除が出来ない事を伝え、Apple Payに登録されたクレジットカードの停止処理を依頼した場合、クレジットカード会社にもよりますが、Apple Payでの利用のみを停止することが出来ないので、ほとんどの場合、お手元にあるクレジットカードの利用停止処理の対応になると思います。その場合、ApplePay以外でのクレジットカードの利用が停止となり、クレジットカードの再発行等の手続きと手数料などが発生します。


suicaの場合

suicaの場合には、JR東日本のモバイルsuicaサポート窓口の対応時間であれば、モバイルsuicaの利用本人の確認が出来れば、モバイルsuicaの紛失時の対応として、利用停止を行ってくれます。

ただし、モバイルsuicaサポート窓口での対応でも、Apple Payに登録してあるsuicaが無記名式の場合には、suicaの情報が無記名のため、電話をかけてきた人が所有者本人と確認することが出来ませんので、JR東日本のサポート窓口でも停止等の処理は行っていません。

また、記名式のモバイルsuicaの場合で紛失等の理由で利用停止処理を行うと、そのモバイルsuicaが発見された後の復旧処理に事務手数料がかかる場合があります。





copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。