TopPage>Apple Pay>suicaにクレジットカードでチャージする時のWalletアプリとsuicaアプリの違い

suicaにクレジットカードでチャージする時のWalletアプリとsuicaアプリの違い

iPhoneのApple Payに登録したsuicaにクレジットカードでチャージする方法には、Walletアプリを使用する方法とsuicaアプリを使用する方法の二通りの方法があります。


Walletアプリでチャージしても、suicaアプリでチャージしても、単純に使用するアプリが違うだけのように思われている人もいると思いますが、実は、使用するアプリによって、suicaにクレジットカードでチャージできる内容が異なります。





Walletアプリとsuicaアプリでは、チャージする金額の単位が異なる

suicaにチャージする金額の単位が、Walletアプリとsuicaアプリでは下記のように異なります。

Walletアプリからsuicaにチャージする場合
チャージする金額は、1円単位で1円から20、000円まで指定してチャージすることが出来ます。
ただし、iPhoneのsuicaの残高と合わせて、チャージ出来る金額が最大20、000円までとなります。
suicaアプリからsuicaにチャージする場合
チャージ出来る金額は、suicaアプリに表示されている金額で、1000円単位で、10、000円までとなります。
ただし、iPhoneのsuicaの残高と合わせて、チャージ出来る金額が最大20、000円までとなります。






Walletアプリでは、suicaにチャージ出来ないクレジットカードがある

Walletアプリでsuicaにチャージするには、オンラインでのApplePay決済に対応してるクレジットカードまたはプリペイドカードでないとチャージすることはできません。

次の二つのクレジットカードは、Walletアプリからsuicaにチャージすることはできません。

日本で発行されたVISAブランドのクレジットカード
ダイナーズクラブカード

日本で発行されたVISAブランドのクレジットカードは、Walletアプリからsuicaにチャージ出来ない

日本で発行されたVISAブランドのクレジットカードは、WalletアプリでApple Payにクレジットカード登録しても、店舗での支払いとしてidまたはQUICPayとして使うことはできますが、オンラインでのApple Payには対応していないため、Walletアプリから、suicaにチャージすることはできません。


ダイナーズクラブカードは、Walletアプリに登録するこはできません

ダイナーズクラブカードは、Apple Payに対応していないため、そもそもWalletアプリにクレジットカード登録することが出来ません。







suicaアプリでのみチャージ出来るクレジットカード

次のクレジットカードは、suicaアプリでのみ、iPhoneのApple Payのsuicaにチャージすることが出来ます。

  • 日本発行のVISAブランドのクレジットカード
  • ダイナーズクラブカード

この二つのクレジットカードは、オンライでのApple Payに対応していないので、iPhoneのsuicaにチャージするためには、suicaアプリでモバイルsuicaの登録クレジットカードとして登録すると、suicaアプリでチャージすることが出来ます。


VISAカードとダイナーズクラブカードは、モバイルsuicaの登録クレジットカードに登録することでsuicaにチャージすることが出来る

suicaアプリからApple Payに登録されているsuicaにチャージをする時には、支払いの対象となるカードをWalletアプリに登録されているカードからともう一つモバイルsuicaの登録クレジットカードから選択することが出来ます。

この機能を利用することで、Apple Payに対応していないクレジットカードでも、モバイルsuicaの登録クレジットカードとして登録することでsuicaにチャージすることが出来ます。

但し、モバイルsuicaの登録クレジットカードを登録するには、ビューカード以外は、1000円の年会費が必要になります。suicaにチャージ出来るようになっても、年会費が必要になるので、ちょっとデメリットですね。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。