TopPage>Apple Pay>suicaの使い方>suicaを削除せずに、機種変更してしまった場合のsuicaの移行方法

suicaを削除せずに、機種変更してしまった場合のsuicaの移行方法

ここでは、機種変更の際に、古いiPhoneのsuicaを削除せずに新しいiPhoneに機種変更してしまった場合のsuicaの移行方法をご紹介しています。

Apple Payのsuicaを新しいiPhoneに移行するには、最初に、今まで使用していた古いiPhoneのApple Payに登録されているsuicaを削除する必要があります。


古いiPhoneのApple Payからsuicaを削除していないと、機種変更した新しいiPhoneには、今まで使っていたsuicaカードを移行することは出来ません。

でも、慌てる必要はありません。簡単な方法で、古いiPhoneに登録されぱなしのsuicaを削除することが出来ますので、ちゃんと新しいiPhoneにsuicaを移行することが出来ます。



モバイルsuicaは複数のフェリカICチップに登録出来ない

suicaは、JR東日本の規定で、suicaカードにリンク(紐づけ)されるフェリカICチップは1つまでなっています。

そのため、今まで使用していたiPhoneのApple Payに登録されていたsuicaを削除していないと、すでに古いiPhoneに内臓されているフェリカICチップにそのsuicaカードは登録(リンク)されているので、新しいiPhoneに内臓されているフェリカICチップに登録することは出来ません。

(尚、suicaは、1つのフェリカICチップしか登録(リンク)することは出来ませんが、1つのフェリカICチップは、異なるsuicaを5枚まで登録することは出来ます。)

新しいiPhoneに内臓されているフェリカICチップにそのsuicaを登録するには、一旦、古いiPhoneのWalletアプリからsuicaの削除を行い、どのフェリカICチップにもリンク(紐づけ)されていない状態にする必要があります。



古いiPhoneに登録された状態のsuicaを削除する方法

古いiPhoneに登録されぱなし状態のsuicaを削除する方法は、次の3つの状態別にご紹介します。


1.古いiPhoneが手元にある場合

古いiPhoneがまだお手元にある場合には、とても簡単で、単純に古いiPhoneのWalletアプリを開いて、suicaを削除すれば、OKです。

古いiPhoneはまだ手元にあるが、MNPをして以前の携帯会社のSIMが無効になっていて、Walletアプリでsuicaを削除できない場合には、次の2もしくは、3の方法を行います。

尚、MNPをしてモバイル通信回線が無効になっていても、Wi-Fi接続できる場合には、Walletアプリでsuicaを削除することが出来ます。

Apple Payに登録されているsuicaを削除する方法は、こちらのページをご覧ください。


2.古いiPhoneは手元に無いがパソコンがある場合

お手元に古いiPhoneが無い場合は、iPhoneを売却や下取りに出されている状態かと思います。この場合、古いiPhoneを初期化してあるので、古いiPhoneのApple Payのsuicaも削除されていると思いますが、初期化もせずに、携帯会社の下取りとして郵送してしまった場合には、この2の方法で、suicaの削除を行います。

既に古いiPhoneが手元に無い場合には、パソコンを利用して、インターネットのiCloud.comから、古いiPhoneを削除することで、強制的に古いiPhoneのApple Payに登録しているsuicaを削除することが出来ます。

この方法の場合には、インターネットに接続できるパソコンとiCloudのApple IDとパスワードが必要になります。

iCloud.comからApple Payのsuicaを削除する方法は、こちらのページをご覧ください。

ただ、icloudで2ファクタ認証を有効にしてあり、2ファクタ認証の送信先が古いiPhoneの電話番号へのショートメールになっている場合には、2ファクタ認証の番号が、古いiPhoneへ送信されるので、icloud.comにアクセスすることが出来ないので、3の方法でsuicaの削除を行います。



3.古いiPhoneもパソコンも無い場合

古いiPhoneもなく、パソコンからインターネットのiCloud.comからapple Payのsuicaの削除も行えない場合には、モバイルsuicaのコールセンターに電話をして古いiPhoneのApple Payに登録されているsuicaを強制的に削除してもらうしか方法はありません。

モバイルsuicaのコールセンターに電話して、オペレーターに古いiPhoneに登録したsuicaを削除できずに、新しいiPhoneのApple Payにsuicaを移行出来ない旨を伝えると、いくつかの本人確認をした後に、モバイルsuicaのサーバー上で、強制的にsuicaカードとiPhoneのフェリカICチップのリンクを削除してくれます。(尚、コールセンターは、どうしても、電話が繋がりにくい状態になりますので、時間に余裕のあると時に行うことをお勧めします。)


iCloudでsuicaカードの削除を行う

モバイルsuicaのコールセンターで、強制的に古いiPhoneに内蔵されているフェリカICチップとのリンクは削除してもらっていますが、AppleのiCloudサーバー上では、まだ、suicaが登録済みになっているため、新しいiPhoneにそのsuicaは登録することが出来ません。そのため、新しいiPhoneのアクティベーションが完了した後に、safariアプリを利用して、iCloud.comにアクセスして、Apple Payに登録されているカードの強制削除を行います。

iCloud.comからApple Payのsuicaを削除する方法は、こちらのページをご覧ください。

ここまで完了したら、Walletアプリを開いて、suicaの登録作業を行います。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。