TopPage>iphoneのバックアップ>icloud(アイクラウド)のバックアップを利用する上で最低限知っておくこと

icloud(アイクラウド)のバックアップを利用する上で最低限知っておくこと

ここでは、iCloud(アイクラウド))のバックアップ機能を利用する上で、最低限知っておくべきことを分かりやすくご紹介しています。


iCloudの設定は、iPhoneやiPadを購入した後の初期設定の途中であるので、あまり意識せずにiCloudバックアップを利用している人も多いかと思います。

別に、icloudのバックアップ機能の理屈や詳しい仕組みを理解する必要はありませんが、快適にiPhoneやiPadを使うには、これからご紹介する注意点くらいは、最低限知っておいた方がいいと思います。






1.iCloudのバックアップは完全バックアップではない

パソコンも必要なく手軽にiPhoneやiPadのバックアップを取ることの出来るiCloudですが、iCloudバックアップで保存されるデータは、iPhoneやiPadの内部に保存されている全てのデータがバックアップとして保存されているわけではありません。

iCloudバックアップは、一部の主要なデータのみを対象としているバックアップで、iPhoneやiPadの完全なバックアップではありません。

そのため、iPhoneやiPadを初期化して、iCloudバックアップを復元しても、初期化前のデータには復元されません。


icloudバックアップで保存されるデータの対象・中身については、こちらのページをご覧ください。






2.iCloudのバックアップは、iCloudにサインインしていないと利用できない

iCloudバックアップは、Appleが提供してるiCloud(アイクラウド)というクラウドサービスでiCloudにサインインしているAppleIDに割り当てられているストレージという記録場所に保存されます。

そのため、iCloudにサインインしていないと利用することは出来ません。


3.iCloudのバックアップは、実は2種類ある?!

いえいえ、icloudのバックアップは、一つしかありません。

しかし、人によっては、icloudのアプリデータの同期機能をアプリデータのバックアップと呼ぶことがあります。そのため、初心者の人にとっては、iCloudのバックアップが2種類あるように思ってしまうこともあるようですね。


iCloudのアプリデータの同期機能について

iCloudのアプリデータの同期機能をものすごく簡単に説明すると、次のような感じになります。

ある人が、1台のiPhoneと1台のiPadを所有して同じAppleIDで使用している例でご説明しますね。

iCloudのアプリデータの同期機能が無い場合には、iPhoneとiPadのそれぞれの連絡先アプリに同じ人のデータを登録する必要があります。

これが、iCloudのアプリデータの同期機能がある場合だと、iPhone(iPad)のどちらか一方の連絡先アプリにデータを登録すると、iCloudのストレージのアプリデータが更新され、登録していないiPhone(iPad)がiCloudにアクセスすると、先程、登録したデータが連絡先アプリに追加されることで、同じ連絡先データとなる機能です。

この同期機能では、iCloudのストレージにアプリデータが記憶されているので、これをバックアップと呼ばれることがあるというわけです。

iCloud連絡先同期の仕組み

このアプリデータの同期機能は、1台しかiOS機器が無い場合でも、icloudのストレージにアプリデータが記憶されるので、感覚的には、まさにiCloudのストレージに、アプリデータがバックアップされた状態になるので、アプリのバックアップと呼ぶのもしょうがないかもしれませんね。






4.iCloudの空き容量が無いとバックアップはされない

2のところで、「iCloudバックアップは、Appleが提供してるiCloud(アイクラウド)というクラウドサービスでiCloudにサインインしているAppleIDに割り当てられているストレージという記録場所に保存されます。」とご紹介しました。このAppleID毎に割り当てられたストレージには、保存できる上限容量が決めらています。

割り当てられているストレージの容量以上になると、iCloudバックアップを取ることが出来なくなります。


無料で利用できるicloudストレージは、5GB

AppleID一つに、割り当てられているiCloudストレージの容量は、無料の場合には、5GBとなります。バックアップのサイズが5GB以上になると、iCloudバックアップは保存できないため、バックアップはされません。

5GB以上利用するには、iCloudの有料プランを契約する必要があります。


5.iCloudの容量は、バックアップ以外にも使用される

AppleIDに割り当てられているiCloudのストレージは、バックアップ以外にもicloudを使用するアプリのデータの同期機能のデータ保存場所として使用されます。

特に大きな容量を占めるケースが多いのが写真アプリのフォトライブラリ機能です。

iCloud_ストレージを使用するアプリ

6.便利な自動バックアップも以外にされないことが多い

iCloudの便利な自動バックアップ機能も、以外にされないことが多いので注意が必要です。

iCloudの自動バックアップ機能は、次の条件が整った場合に、バックアップが保存されます。

  • Wi-Fiネットワークに接続している状態
  • 電源が供給されている状態

自宅にWi-Fiネットワーク環境があり、就寝する時など、iPhoneにUSBコードを接続して充電状態や、ワイヤレス充電をしているケースには、icloudの自動バックアップ機能が働き、バックアップがicloudのストレージに保存されますが、Wi-Fiネットワーク環境が無かったり、iPhoneのWi-Fi設定をオフにしてあったりした場合には、自動バックアップはされません。

街中でも、最近では、Wi-Fi接続できる場所が増えましたが、電源が供給されていないと自動バックアップはされませんので、注意が必要です。



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。