TopPage>iphoneのバックアップ>「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないため、復元できないません」になった時の解決方法

「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないため、復元できないません」になった時の解決方法

ここでは、「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないため、復元できないません」になった時の解決方法をご紹介しています。


iTunesで保存してあるバックアップを使って、iPhoneの復元を行おうとした時に、「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないため、復元できないません」とエラーメッセージが表示されて、復元が出来ない場合があります。

多く人の場合、iPhoneを使用していてバックアップから復元するケースはあまりないと思いますので、たぶん、新しいiPhoneを購入して、今まで使っていたiPhoneでバックアップを取って、そのバックアップを使用して新しいiPhoneに復元しようとした時にこのエラーメッセージにあう事が多いと思います。







「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないため、復元できないません」が表示される原因

「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないため、復元できないません」が表示される主な原因は、次の二つです。


1.バックアップファイルが破損している

一つ目の原因は、保存されているバックアップファイルに異常があるケースです。

しかし、実際には、つぎのようなことをパソコンで行っていないのであれば、バックアップファイルが壊れている可能性はあまり高くないと思われます。

  • ハードディスクやSSDの交換のため、データの転送などを行った
  • パソコンのOSのアップグレードを行った
  • iTunesの環境設定のフォルダを手動で変更等を行った

エラーメッセージが、「バックアップが壊れているか・・・」と表示されるので、パソコンに保存してあるiPhoneのバックアップが壊れていると思われますが、多くの場合は、2つ目の原因の復元先のiPhoneのiOSのバージョンが、バックアップのiOSのバージョンより古いために復元できないケースです。

バックアップが壊れているかの確認は、簡単には出来ないので、まずは、2つ目の原因のiOSのバージョン違いの解決策を試してみましょう。


2.バックアップファイルより古いiOSのiPhoneで復元しようとしている

保存されているバックアップファイルは、バックアップファイルのiOSより新しいバージョンのiOSになっているiPhoneにしか復元することはできません。

「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないため、復元できないません」とエラーメッセージが出る場合の多くは、新しく購入したiPhoneが、バックアップファイルのiOSより古いバージョンになっていることが原因です。


新しく購入したiPhoneのiOSが古いというと「えー」と思われるかもしれませんが、次のような背景から、新しく購入したiPhoneがAppleから配信されているiOSより古い場合があります。

バックアップのiOS
Appleから配信されたiOSを常にバージョンアップして使用。
新しく購入したiPhone
販売しているiPhoneは、多くの場合、販売開始時点でのiOSのバージョンがインストールされている状態になっています。





解決方法

「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないため、復元できないません」になった時の解決方法は、復元先のiPhoneが新しく購入したiPhoneの場合には、次の操作手順で、iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートしてから、バックアップからの復元を試してみましょう。多くの場合、iOSのバージョンを最新にアップデートするとエラー表示もなく、バックアップから復元することが出来ると思います。

  • iPhoneをitunesに接続する
  • iOSを最新バージョンにアップデートする
  • iTunesのバックアップファイルで復元を行う



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。