TopPage>iPhoneの初期設定>マスクを着けた顔の顔認証(FaceID)のロック解除精度を上げる方法

マスクを着けた顔の顔認証(FaceID)のロック解除精度を上げる方法

ここでは、マスクを着けた顔のPhoneの顔認証(FaceID)のロック解除精度を向上させる方法をご紹介しています。

FaceIDにマスク顔のスキャンデータを登録したけどマスクを着けた顔でiPhoneのロック解除が出来ない人の場合には、この方法を試してみてください、マスクを着けた顔でロック解除が出来るようになる可能性があります。

この方法は、すでにiPhoneのFaceIDにマスク顔データをスキャン登録した後に行う方法です。マスク顔のデータスキャン登録を行っていない場合には、「マスク顔でiphoneの顔認証Face IDを解除する方法」のページでご紹介している「マスク顔をFace IDに登録する2つの方法」のどちらかの方法で顔認証データのスキャン登録を行ってください。


鼻を出した状態のマスク顔でiPhoneのFaceIDの顔登録スキャンを行った場合には、この方法を行わないと鼻をマスクで覆った顔でロック解除することはできません。鼻が出ている状態ではマスク効果が低くなりますので、鼻を出した状態でFaceID登録した場合には、必ず、こちらの方法を行うようにしてください。


マスク顔の顔認証のロック解除精度を高めるFace IDの顔スキャンデータを学習させる操作方法

iPhoneのFaceIDは、顔認証でロック解除する際に顔認証登録されている顔を学習しています。メガネを変えたり、髪型やお化粧が変化しても、FaceIDの顔認証が有効になるのは、この学習機能が働いているからです。この機能を利用することで少しずつマスク顔の顔認証ロック解除精度を上げることが出来ます。

ロック解除精度向上の操作方法は簡単で、次の操作手順で行います。

copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。