TopPage>iPhoneの初期設定>Firefox(ファイアフォックス)をiPhoneのデフォルトブラウザに設定する方法

Firefox(ファイアフォックス)をiPhoneのデフォルトブラウザに設定する方法

iOS14以降のiPhoneでは、標準WebブラウザのSafariアプリから、Firefoxアプリにデフォルトブラウザを変更して利用することが出来るようになりました。

パソコンでFirefox(ファイアフォックス)をメインのWebブラウザに使用している人の場合、iphoneでもFirefoxアプリをメインで使用しているけど、メール経由でユーザー認証をする場合、メール内の認証用URLをタップすると、Firefoxではなく、Safariアプリが起動してしまい、ユーザー認証などの履歴がFireFoxで残せないなかったり、二つのブラウザアプリをまたいで使用しないといけなかったりとちょっと不便でした。

特にパソコンでFirefoxアカウントでFirefoxを使用している人は、iPhoneのデフォルトブラウザをFirefoxアプリに変更しておくと、ブックマークや履歴、パスワード等がパソコンと同期できますので使いやすいと思います。

パソコンで見ていたWebページを移動中にiPhoneのFirefoxで続きを見たり出来るようになりますしね。


FirefoxアプリをiPhoneのデフォルトブラウザに設定する操作手順

iPhoneのデフォルトブラウザアプリをSafariアプリからFirefoxアプリに変更するには、次の操作手順で行います。

  • AppStoreからFirefoxアプリをダウンロードする
  • 設定アプリを開く
  • Firefox設定画面を開く
  • デフォルトのブラウザApp設定画面を開く
  • デフォルトのブラウザApp設定画面でFirefoxを選択する

  • 1.AppStoreからFirefoxアプリをダウンロードする

    FirefoxアプリがまだiPhoneにインストールされていない場合には、AppStoreからfirefoxアプリをダウンロードします。

    AppStoreアプリアイコン

    2.設定アプリを開く

    ホーム画面の設定アプリアイコンを指でタップして設定アプリを開きます。

    iPhone設定アプリアイコン

    3.Firefox設定画面を開く

    開いた設定アプリ画面を下に指でスワイプすると、Firefoxアプリアイコンが表示されていますので、そこを指でタップしてFirefox設定画面を開きます。

    iphoneSE_設定アプリ_Firefox


    4.デフォルトのブラウザApp設定画面を開く

    開いたFirefox設定画面の真ん中あたりにある「デフォルトのブラウザApp」という項目を指でタップして、「デフォルトのブラウザApp設定画面」を開きます。

    iphoneSE_Firefox設定画面_デフォルトブラウザ

    5.デフォルトのブラウザApp設定画面でFirefoxを選択する

    開いたデフォルトのブラウザApp設定画面にiPhoneにインストールされているブラウザAppでデフォルトブラウザに設定できるアプリアイコンが一覧で表示されますので、Firefoxのところを指でタップしてチェックを付け選択します。

    Firefoxアプリを選択したら画面左上に表示されている戻るアイコンを指でタップしてデフォルトのブラウザApp設定画面を閉じます。

    iphoneSE_Firefox設定画面_デフォルトブラウザ設定_Firefox選択

    Firefox設定画面に戻りますので、デフォルトのブラウザApp欄にFirefoxが表示されていれば、Firefoxアプリのデフォルトブラウザ設定は完了です。

    iphoneSE_Firefox設定画面_デフォルトブラウザFirefox設定後




copyright©2011~2021 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。