TopPage>iPhoneの初期設定>iPhone7のホームボタンの反応感度を変更する方法

iPhone7のホームボタンの反応感度を変更する方法

iPhoneのホームボタンは、iPhone6Sまではボタンを押すとボタン自体が下に沈む物理式でしたが、iPhone7になって感圧式という方式に変更されています。

このiPHone7から採用されている感圧式は、ホームボタンへの圧(圧力)を感じてセンサーが起動します。iPhone7では、ホームボタンは実際には動いていないのですが、利用する人がiPhoneが操作を感じたのかどうかが分かりづらいため、あえて、ホームボタンを押す(圧力を掛ける)と振動がするようになっています。


この感圧式のホームボタンの反応振動によって、ホームボタンが反応したかどうかが分かるようになるのですが、人によっては、この反応振動が小さくすぎると感じる人もいらっしゃるかもしれませんね。iPhone6Sまでのホームボタンは物理的に押すタイプだったので、反応振動が大きい方が、違和感が無いかもしれませんね。

実は、このiPhone7の感圧式ホームボタンの反応感度は、調整することが出来るようになっています。ここでは、iPhone7のホームボタンの反応感度を変更する方法をご紹介してます。


iPhone7の感応式ホームボタンの犯行感度の調整手順

iPhone7の感応式ホームボタンの犯行感度の調整は、次の手順で行います。

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。