TopPage>標準アプリ>カメラ>iPhoneでとっさの時に素早く写真を撮る方法

iPhoneでとっさの時に素早く写真を撮る方法

iPhoneを使っているとすぐに写真を撮りたくなることってありますよね。

でも、iphoneのロック画面を解除して、カメラアプリのあるアプリ画面を開いてなんてやっていると時間がかかっちゃってなんて思っていいる人いませんか?

カメラアプリは、iPhoneのロック画面からダイレクトに開くとこが出来るんですよ。まあほとんどの人が知っているとはおもいますが。

iphoneの操作に慣れた人には当たり前のことかもしれませんが、iPhoneを使い始めた初心者の人には、知らない人もいるかもしれませんね。


ここでは、iPhoneのそれぞれの状況で、素早くカメラアプリを開いて写真を撮る方法をご紹介しています。


iphoneがロック状態からカメラアプリを開く方法

ロック画面の右下に表示されているカメラアイコンを指で上にドラッグする

iPhoneのロック画面の右下を見ると、カメラのアイコン(マーク)が表示されていますね。そのカメラアイコンの上に指を載せて上になぞるようにドラッグします。

ロック画面のカメラアプリアイコン

すると、舞台の幕を開ける感じで、ロック画面が上に上り、カメアプリの画面が現れます。

全て開ききるとカメラアプリが利用できるようになります。

但し、カメラロールに保存されている以前に撮影した写真などを加工することはできません。

ロック画面からカメラアプリの開き方

ロック画面にカメラアイコンが表示されていない場合

工場出荷設定は、ロック画面にカメラアイコンが表示されるのになっていますが、ロック画面にカメラアイコンが表示されていない場合には、通知設定で、ロック画面に表示の設定をオンします。

設定アプリをひらきます。

通知項目を指でタップして選択します。

設定アプリ_通知項目

写真の項目をタップして選択します。
写真の項目は、通知設定画面を少し、下に少しずらす(スクロールする)と写真の項目が表示されます。

カメラアプリアイコンのロック画面表示設定

ロック画面に表示という項目があるので、そこをオン(緑色)にします。

カメラアプリアイコンのロック画面表示設定画面

他のアプリを利用している時に素早くカメラアプリを開く方法

アプリの利用している時に急に写真を撮りたくなった時には、コントロールセンター画面を利用すると素早くカメラアプリを開くことができます。

iPhoneの画面下に指をおいて、上になぞるようにドラックするとコントロールセンター画面が表示されます。その右下にカメラのアイコンがありますので、そこをタップするとカメラアプリが開きます。

コントロールセンター画面カメラアプリ

コントロールセンター画面が表示されない場合

コントロールセンター画面は、工場出荷設定では表示されるのになっていますが、コントロールセンター画面が出てこない場合には、何かの設定の時に、誤って設定が変更している可能性があります。設定アプリのコントロールセンター設定項目でApp内でのアクセスの設定をオンにします。

設定アプリを開きます。

設定アプリの設定項目の中から、コントロールセンターを選択して指でタップして設定画面を開きます。

ios8_コントロールセンター項目

App内でのアクセスの項目をオン(緑色)にします。

App内でのアクセスがオンになると、アプリ画面でコントロールセンター画面を開くことが出来るようになります。

コントロールセンター画面設定_App内でのアクセス項目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。