TopPage>携帯電話からiPhoneに切り替える時に知っておくといい知識>不要な携帯電話の処分・売却

不要な携帯電話の処分・売却

不要な携帯電話ってどうしていますか?
携帯電話から、iphoneに乗換えた人って多いと思います。今まで使っていた携帯電話ってどうされています。

もしかして、iphoneの乗り換えの時に、携帯ショップに不用品(廃棄)として引き取ってもらっていませんか?
それとも、家の机の中に眠っているなんて方のいらっしゃるかもしれませんね。

それ、ちょっと損しているかもしれませんよ。
不要な携帯電話って売却・買取してもらえるですよ。携帯電話の機種によっては、携帯電話の買取サイト・ショップで数千円で買い取りしてもらえることもありますよ。


携帯電話機は、高価な家電と同じ

多くの方が、実質0円プランと呼ばれる形で携帯電話機本体を購入しているので、気づいていない人も多いですが、携帯電話機は実際には、4万円から6万円程度する高価な家電なんです。ですから、以外に知らない人もまだまだいらっしゃいますが、携帯電話機本体は、自動車やバイクと同じ様に中古品としての価値があり、中古品として売却できるですよ。

今では、自動車やバイクの買取会社と同様な携帯電話機本体専門の買取会社やWebサイトまであるんです。
ですから、iphoneに切り替えた時に、不要になった携帯電話機本体も買取査定をしてもらいましょう。以外に高く売れる可能性もありますよ。


携帯電話機本体が中古品として流通する理由

どうせ、買取してもらえるのは、比較的新しい携帯電話機本体でしょ。と思っている方もいると思いますが、以外に古い携帯電話機本体でも買取価格が付くこともあります。さらに、携帯電話機本体内には、レアアース(レアメタル)と呼ばれる金属が含まれているので、故障している携帯電話機本体でも、買取引き取りをしてくれる買取会社もありますよ。

最近なぜ、中古の携帯電話機本体が流通するようになった理由は、

携帯電話の契約形態の変化
以前よくあった「2年間などの利用期間の契約をすることで、携帯電話機本体を0円や1円などのただ同然では販売すること」は、行政の指導でNGになり、携帯電話の利用者は、携帯電話機本体を購入することが必要になりました。
多くの場合は、携帯電話機本体を2年間ローン(分割払い)で購入するケースが多くなりました。でも、一つ二つ前の中古の携帯電話機なら、新品を購入するより割安で購入できるのと、2年間ローン(分割払い)ではないので、いつでも携帯電話会社を変更できるメリットがある。
SIMカード
現在の携帯電話機は、ほとんどがこのSIMカードを装着して利用するタイプになりましたね。このSIMカードのおかげで同じ携帯電話会社の携帯電話機なら、SIMカードを差し替えるだけで利用できるようになったことが一つの理由ですね。今後、携帯電話会社をまたいてSIMカードを差し替え利用できるようになるようですね。
携帯電話機の高額化
最近の携帯電話機本体は、非常に高機能で価格も非常に高価になっていますね。7万円を超える携帯電話機もありますよね。
紛失や水没や破損の際の携帯電話機の補充
中古携帯電話の需要の多くは、もしかすると、これかもしれませんね。
携帯電話を紛失したり、水没や破損した時の買い替えです。不注意で紛失したり、水没したり破損した場合は、携帯電話の補償・保険は効かないので、新たな携帯電話機本体を購入する必要があります。
新たな携帯電話機本体を購入する際に、高額な最新機種の新品ではなく、リーズナブルな中古の携帯電話機本体を買い求めるケースですね。
使い慣れた携帯電話機本体がどうしてもほしい人も、中古の携帯電話機本体の購入者にはいらっしゃいますね。

不要な携帯電話を買取査定してみましょう

もし、不要な携帯電話が家にあるようだったら、一度、買取査定をしてもらってみましょう。以外にも数千円なんて査定金額がつくかもしれませんよ。

ただ、不要な携帯電話を家に置いておいてもしょうがないですからね。携帯電話の買取をしているところをいくつかご紹介しておきますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。