TopPage>iphoneの基本操作使い方>パスワードとパスコード>機能制限パスコードの入力回数制限について

機能制限パスコードの入力回数制限について

機能制限パスコードを忘れた人から、たまに、「機能制限パスコードって、iPhoneの本体ロック解除パスコードの様に、何回か間違って入力するとiPhoneが使えなくなりますか?」という質問をされることがあります。

iPhone初心者の人の中には、機能制限パスコードを忘れてしまって、数回チャレンジしてみたけど、機能制限設定画面を開くことが出来ず、もしかすると、銀行のATMやiPhone本体ロック解除パスコードのように、ある一定の回数間違うと、iPhoneを使うことが出来なくなってしまうんじゃないかとか、iPhoneのデータが消去されてしまうのではないかと不安に思われている人もいるいようですね。


機能制限パスコードの誤入力に回数制限はありません

機能制限パスコードの解除画面でのご入力に回数制限はありません。何回誤入力しても、iPhoneのデータが消去されたり、iPhone本体がロックして使用できなくなるようなことはありません。


誤入力が6回を超えると入力画面の時間制限がかかる

機能制限パスコードの入力画面で、ミス入力した場合、6回までは、普通に機能制限パスコードの入力が画面が表示され別の数字4桁を入力してチャレンジすることが出来ますが、6回目に間違った4桁の数字を入力した場合には、1分経過しないと、機能制限パスコードの入力することができません。

6回以上、機能制限パスコードのミス入力をすると、次の様に、次回入力できるまで経過時間が増えてきます。

7回目
6回目のミス入力から1分経過しないと機能制限パスコードの入力が出来ません。
8回目
7回目のミス入力から5分経過しないと機能制限パスコードの入力が出来ません。
9回目
8回目のミス入力から15分経過しないと機能制限パスコードの入力が出来ません。
10回目以降
ミス入力から60分経過しないと機能制限パスコードの入力が出来ません。


機能制限パスコードの入力時間制限が掛かっても、iPhoneの通常利用は可能

先ほど、ご紹介した機能制限パスコードの入力時間制限が掛かっても、iPhoneは通常通り利用することができます。

機能制限パスコードの入力時間制限は、iPhoneを利用している子供が機能制限パスコードを解除しようとチャレンジした時を想定して設定してあるので、何度ミス入力してもiPhoneは利用することが可能です。


機能制限パスコードの解除に総当たり入力するのは、現実的はありません

先ほど、ご紹介したように、機能制限パスコードをミス入力をすると、入力時間制限がかかるので、ある程度以上の4桁の数字を機能制限パスコードの解除に試してみるのは時間的に現実的ではありません。

機能制限パスコードを忘れた時には、こちらでご紹介している機能制限パスコードの解除方法のいずれかの方法で、対処することをお勧めします。




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。