TopPage>機種変更のデータ移行>iPhoneの機種変更のデータ移行では、パソコンが必要?

iPhoneの機種変更のデータ移行では、パソコンが必要?

ここでは、iPhoneの機種変更のデータ移行の際のパソコンの必要性について、ご紹介しています。

新しいiPhoneへの古いiPhoneからのデータ移行について、正しい情報を理解しておかなかったために、新しいiPhoneへデータ移行をした後で、データ移行されていないデータがあるなんてことを経験する人もいらっしゃるようです。



目次・メニュー
1.iPhoneの機種変更でほぼ完全なデータ移行をするなら、パソコンは必須です
2.一部のデータは、パソコンが無くても新しiPhoneにデータ移行することができる


1.iPhoneの機種変更でほぼ完全なデータ移行をするなら、パソコンは必須です

iPhoneをご利用している人の中には、パソコンをお持ちで無い人もいるかと思います。

最近では、Wi-Fi環境もいろいろなところで整っていますし、iPhone本体やアプリ、iCloudの機能がよくなってきているので、通常、iPhoneを利用する場合には、パソコンは、必須という感じでもなくなっていますから、パソコン無しでiPhoneを利用している人も結構いらっしゃるようですね。

しかし、iPhoneの機種変更でほぼ完全なデータ移行をしたいのなら、パソコンは絶対に必要になります。



機種変更のデータ移行でのパソコンの必要性

なぜ、iPhoneの機種変更のデータ移行でパソコンが必要になるのかは、次の理由があるからです。

iCloudのバックアップは、iPhoneに記憶されている一部のデータのみしか保存されていない
そのため、iCloudに古いiPhoneのデータをバックアップして、それを新しいiPhoneにバックアップしても、古いiPhoneに保存されていた一部のデータしか移行されません。
パスワードなどのセキュリティに関するデータや、ヘルスヘアなどのプライバシーに関するデータはiCloudバックアップの復元では移行されません。
暗号化なしでバックアップした時に保存されるデータの中身については、こちらのページをご覧ください。
パソコンのiTunesソフトなら、ほぼ完全なデータの保存と復元ができる
パソコンのiTunesソフトの暗号化したバックアップ機能を使用すれば、接続したiPhoneに保存されているデータのほぼ完全なデータを保存することもできます。
暗号化したバックアップの復元を行うことで、古いiPhoneとほぼ同じデータを新しいiPhoneにデータ移行することが出来ます。
(※ほぼ完全と表記しているのは、アプリによっては、iCloud上にデータを保存することが必須となっているものもあり、その場合には、iCloudにサインする必要があるためです。)
iTunesの暗号化したバックアップで保存されるデータについては、こちらのページをご覧ください。

携帯電話会社提供のデータ移行アプリも、移行できるのは一部のデータだけ

最近では、iPhoneのWi-Fi機能やAirDrop機能を利用した携帯電話会社等からiPhoneのデータ移行アプリが提供されています。

その多くは、古いiPhoneと新しいiPhoneを近くにおいて、データを転送するといった方法で、ガラケーの赤外線通信による連絡先データの移行のように、簡単でできるようになっていますね。

しかし、よく確認すると、データ移行できるデータは、連絡先データや写真、動画、カレンダーアプリのデータのみであって、古いiPhoneに保存されているデータの一部だけになっているので、注意が必要です。



一部のデータは、パソコンが無くても新しiPhoneにデータ移行することができる

パソコンが無い人は、悲しいことですが、古いiPhoneに保存されているデータをほぼ完全な状態でデータ移行することは出来ません。

パソコンが無い人の場合には、次の方法のいずれかで、データ移行を行います。

iCloudのバックアップからの復元
Wi-Fi接続が出来る環境であれば、iCloudに古いiPhoneデータをバックアップして、それを新しいiPhoneに復元します。
iCloudでバックアップされるデータの中身については、こちらのページをご覧ください。
データ移行アプリを利用する
NTTドコモなど携帯電話会社からiPhone用のデータ移行アプリが提供されています。これを利用すると、連絡先・画像・動画・カレンダーなどのデータを移行することができます。
尚、先程、ご紹介しましたが、データ移行アプリで移行できるデータは一部となりますので、利用するアプリで移行されるデータを確認することをお勧めします。
ライトニングコネクタ用メモリを利用する
iPhoneのライトニングコネクタに差し込み利用できるメモリを利用して、一旦、メモリに、連絡先、画像、動画データを保存して、新しいiPhoneに移行することができます。
iCloudの空き容量がなく、iCloudのバックアップが保存できない場合など、ライトニングコネクタ用メモリで移行して、iCloudのバックアップの対象から、画像、動画データを除外して、iCloudのバックアップを保存、画像、動画データは、このライトニングコネクタ用メモリで移行するなんて利用方法もあります。



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。