TopPage>LINE>LINEのパスコードロックを設定する方法

LINEのパスコードロックを設定する方法

ここでは、LINEにパスコードロックを設定する方法をご紹介しています。

LINEの機能の多くは、あなたと友だちとのプライバシーに関する内容を詰まっています。


そのため、人によっては、iPhoneにパスコードロックをしていない時に、LINEのトーク内容が見られるのはちょっと不安という人もいると思います。

家族や友人たちと一緒に外出している時など、iPhoneを使って、お店検索やナビアプリを使用することって結構あると思います。そんな時は、他の人にLINEのトーク画面を開かせないようするために、LINEパスコードを設定して、LINEアプリをロックすることが出来ます。





1.LINEのパスコードについて

LINEアプリのパスコードは、iPhoneをロックするパスコードとは別のもので、LINEアプリ単体でロックをかける4桁の数字のパスコードです。

LINEパスコードを設定することで、iPhoneがロック解除状態でも、LINEパスコードを入力しないとLINEアプリが開かないようになります。

LINEパスコード入力画面

LINEパスコードは、TouchIDやFaceIDと連携することが出来る

LINEパスコードを設定すると、LINEアプリを開く度に、LINEパスコードの入力が必要になります。

LINEパスコードロックには、時間設定がないので、LINEアプリを開いていて、他のアプリ画面に切り替えたりした時にも、LINEアプリ画面にロックがかかります。

ふいに、iPhoneを他の人に貸した時などでも、LINEアプリにロックがかかるので、プライバシーの保護としてもいい機能なのですが、本人が使用している時には毎回毎回、4桁の数字を入力しないといけなくなるので、ちょっと面倒です。

LINEパスコードは、iPhoneのTouchIDやFaceIDを連携することが出来るので、連携設定をしておくと、LINEアプリを使う時に、いちいち4桁のLINEパスコードを入力する必要がなくなります。



2.LINEのパスコードを設定する方法

LINEパスコードを設定するには、次の操作手順で行います。

LINEアプリを開く
LINEアプリ設定画面を開く
プライバシー管理画面を開く
パスコードロックをオンにする
4桁のパスコードを設定する


1.LINEアプリを開く

ホーム画面にあるLINEアプリアイコンを指でタップして、LINEアプリを開きます。

LINEアプリアイコン

2.LINEアプリ設定画面を開く

LINEアプリ画面が開いたら、画面下のタブアイコンの左端にある友だちアイコンを指でタップして、友だちリスト画面を開きます。

LINEアプリ_友だちリスト画面

LINEアプリ画面が開いたら、友だちリスト画面を開きます。

友だちリスト画面の上左端に表示されている設定アイコンを指でタップして、LINEアプリ設定画面を開きます。

LINE友だちリスト画面_設定アイコン

3.プライバシー管理画面を開く

LINE設定画面の上から3番目に表示されているプライバシー管理を指でタップして、プライバシー管理画面を開きます。

LINE設定画面_プライバシー管理

4.パスコードロックをオンにする

パスコードロックの設定スイッチを指でスライドして、オン(グリーン)にします。

LINE設定画面_パスコードオン

5.4桁のパスコードを設定する

LINEパスコードの設定画面が表示されますので、4桁の数字で、あなたのパスコードを設定します。

LINEパスコード設定画面

LINE設定画面に戻ったら、右上の端にある閉じるアイコン(X)を指でタップすると、LINEのパスコードロックの設定は完了です。

この後、LINEアプリを開く時には、LINEパスコードの入力画面が表示されます。



LINEのパスコードをTouchID・FaceIDと連携する

LINEパスコードとTouchID・FaceIDとを連携させるの設定はとても簡単です。

先程のLINEアプリのプライバシー管理画面で、TouchID(FaceID)の設定をオン(グリーン)にすれば、LINEパスコードの入力がTouchID・FaceIDの認証で省略されます。

LINEパスコードとTouchID-FaceIDの連携設定




copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。