TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>カメラアプリでQRコードを読み取る方法-iOS11の新機能

カメラアプリでQRコードを読み取る方法-iOS11の新機能

ここでは、iOS11の新機能として追加されたカメラアプリでQRコードを読み取る方法について、ご紹介しています。

カメラアプリのQRコードの読み取り機能ですが、なんで今まで標準アプリのカメラアプリに無かったんだろうと思うほど、やっと追加されたという機能ですね。

iOS11の標準カメラアプリなら、とても簡単にQRコードを読み取る(スキャン)することが出来ます。


QRコードのスキャン方法(読み取り方法)

1.カメラアプリのQRコード読み取り機能をオンにする

iOS11にアップデートすると、標準でカメラアプリのQRコード読み取り機能は、オンになっていますので、ほとんどの人が設定をする必要はありませんので、説明は不要かもしれませんが、念のため、ご説明しておきます。


設定アプリを開く

ホーム画面の設定アプリアイコンを指でタップして設定アプリ画面を開きます。

iPhone設定アプリ

カメラ設定画面を開く

設定アプリ画面を指で下に少しずらすと、カメラの項目が表示されますので、そこを指でタップしてカメラ設定画面を開きます。

iOS11_設定アプリ画面_カメラ項目

「QRコードをスキャン」機能をオンにする

カメラ設定画面の中央に表示されている「QRコードをスキャン」の項目のスイッチを指でオン(グリーン)にします。

iOS11_設定アプリ画面_カメラアプリ設定画面_QRコード読み取り設定項目


QRコードの読み取り方法

カメラアプリを開く

カメラアプリアイコンを指でタップするか、コントロールセンターのカメラアイコンを指でタップするなどして、標準のカメラアプリを開きます。


iOS11_コントロールセンター画面_カメラアプリ操作アイコン

QRコードに裏面カメラを向ける

裏面カメラをQRコードに向けて、カメラアプリの画面にQRコードを映します。

iOS11_カメラアプリQRコード読み取り中画面

QRコードの読み取った情報の通知を指でタップする

QRコードがスキャン(読み取り)されると、カメラアプリ画面の上部に、QRコードから読み取った情報(URL)が通知表示されます。

通知に表示されているURLを指でタップすると、Safariアプリが開き、そのURLのWebページが表示されます。

iOS11_カメラアプリQRコード読み取り後画面



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。