TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>取り除かれた非使用のAppの再インストールする方法-iOS11の新機能

取り除かれた非使用のAppの再インストールする方法-iOS11の新機能

ここでは、「非使用のAppを取り除く機能」で取り除かれたAppの再インストールする方法について、ご紹介しています。

非使用のAppを取り除く機能」については、こちらのページでご説明しています。

目次
1.取り除かれたAppの状態について
2.取り除かれたAppの再インストール方法

取り除かれたAppの状態について

取り除かれたAppは、iPhone上でつぎの状態となります。

  • AppプログラムデータがiPhoneのメモリ上から削除される
  • Appアイコンは取り除く前と同じ位置で表示される
  • Appアイコンに、取り除かれたAppの目印としてクラウドマークが付く
  • Appで作成されたユーザーのデータは、iPhoneのメモリ上に保存されたまま
  • ホーム画面上の移動も可能です
  • Appアイコンをフローティングさせ、保存されているユーザーデータともに削除することの可能です

プログラムはiPhoneのメモリから削除されますが、ホーム画面上にAppアイコンは削除される前の位置で表示されます。

但し、Appアイコンの下のアプリ名称の前に、クラウドマークiOS11_取り除かれたAppアイコンのクラウドマークが付きます。

iOS11_ホーム画面上の取り除かれたAppアイコン

ホーム画面上の移動も可能です。

移動状態(フローティング)で左上の×印で保存されているユーザーデータとともに削除することも可能です。

iOS11_取り除かれたAppアイコン移動中


取り除かれたAppの再インストール方法

取り除かれたAppを再インストールする方法は、次のどちらの方法となります。

尚、再インストールするいは、Wi-Fiネットワークへの接続か、モバイルデータ通信がオンになっている必要があります。


Appアイコンを指でタップする

クラウドマークの付いているAppを指でタップすると、再インストールが開始されます。

誤って、タップしてしまった場合には、設定アプリのiPhoneストレージ設定画面で手動でAppの取り除きを行いましょう。

iOS11_ホーム画面上の取り除かれたAppアイコンの再インストール中

設定アプリのiPhoneストレージ管理画面で再インストールする

取り除かれたAppのプログラムデータを再インストールするには、設定アプリのiPhoneストレージ設定管理画面で、再インストールするApp画面を開き、「Appを再インストール」を指でタップします。

iOS11_設定アプリ_iPhoneストレージ設定画面_Appの再インストール画面



copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。