TopPage>iphoneの各部名称・用語と機能>iOSについて>iPhone初心者の人は、iOS8にアップデートするのは少し待ってから

iPhone初心者の人は、iOS8にアップデートするのは少し待ってから

日本でも9月18日午前2時からiPhone6で使用されている新しいiOS8のダウンロード&アップデータが可能になりました。

今回のiOS8の既存iPhoneのアップデート対象は、iPhone4S以降のiPhoneとなっています。

ご自分のiPhoneがアップデート対象だと、すぐに新しいiOS8にアップデートしたくなりますが、初心者の人は、少し様子を見た方がいいでしょう。


iOSに限らず、新しいオペレーションシステムには不具合はつきもの

新しいiOSが公開される度に、「いつも使っていたアプリが使用できない」とか、動きが非常に遅くなったとか話題になりますね。そして、時には、新しいiOSはダメだ的な意見も見受けられます。

このような事は、iOSに限ったことではありません。

iOSのような新しい基幹ソフト(OS:オペレーションシステム)には、不具合はつきものなのです。

えーと、思われるかもしれませんが、オペレーションシステムは、開発会社が事前に最大限テスト&チェックをしてもバグと呼ばれる不具合などが100%解消されることはありません。Windowsをみてもわかるように、発表されて何年後に大きな不具合が発見されたりします。

iPhone5Sのシステム情報画面_iOS8

アップデートを少し待つ理由

何も絶対にアップデートはもう少し待った方がいいということではなりません。しかし、次のような理由から、iPhone初心者の人は、一か月くらいは、アップデートするのは待った方がいいでしょう。


1.iOS8へのアップデートの注意点が整理されるまで待つ

AppleからもiOS8へアップデートする時の注意点が当然発表されていますが、読む人によっては、ちょっと表現が分かりづらかったりして、アップデートに失敗する人がいます。

今回のiOS8でも、WiFi接続でアップデートを行うと途中で止まってしまうとか、アップデートを行うためには、iPhoneの空き容量が少ないとできないとか、iTunes接続でアップデートするには、iTunesを最新バージョンにアップデートしてからでないとできないとか、iOS8へアップデートする際に注意する点がでてきています。

中には、このようなトラブルを解消することが好きな人もいるので、そんな人なら、問題に対応すること自体が楽しみになるので、いいでしょうか、多くの人は、対応に多くの時間を浪費して、結局しばらくiPhoneが使用できないなんてことのもなる可能性があります。


2.メインで利用しているアプリがiOS8で不具合が起きないか確認する

iOS8にはちゃんとアップデートできても、自分がメインで利用しているアプリがiOS8に対応していなかったなんて事もあります。

多くの利用ユーザーがいるアプリなら、しばらくするとiOS8に対応したバージョンのアプリのアップデータがAppStoreで公開されますが、場合によっては、そのアプリの開発者が対応をしないということもあり得ます。

ご自分がメインで利用しているアプリが新しいiOS8に対応しているかどうかを確認できるまで、iOS8へのアップデートは待った方がいいと思います。


3.iOSは、ダウングレードは出来ない

実は、これが一番大きな理由かもしれません。iOSは、一度新しいバージョンにアップデートすると基本的に古いバージョンのiOSには戻れないのです。

新しいiOSにしてみたけど、やっぱり前のiOSに戻したいと思っても戻すことが出来ないのです。ですから、iOSをアップデートする時には、よく納得してからアップデートを行うことが大事だと思います。


iOS8へのアップデート方法は、iOS8へのアップデートする方法と注意すべき点をご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 all rights reserved.

「iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。